2009/8/12

お伊勢詣り  鉄子のたび

鶯谷駅で下車。

クリックすると元のサイズで表示します

東京国立博物館に行くのなら、上野駅で降りるより、こっちの方が楽かもなぁ〜と思いついた次第。ちなみに、HPによればどちらの駅からも徒歩10分とのこと。

そんなわけで、「伊勢神宮と神々の美術」展を見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

音声ガイドが美輪さんです。適役といえば適役すぎかと(笑)

式年遷宮の時におさめられる品々や、昔のお伊勢詣りの絵などが飾られていました。江戸時代、σ(^^)のご先祖もいっているので・・・つい、見入ってしまいました。

前に読んだ「関所抜け江戸の女たちの冒険」によれば、村中の人がお金を積み立てしていて(いわゆる伊勢講)、ある程度お金がたまったらくじを引き、当たった人が代表としてお参りにいったとか。お伊勢詣り専門のコーディネーター(この人たちが村々をまわりお伊勢詣りのお金の積み立てをすすめるなどの営業も兼ねる)がいて、現地で宿の手配や食事の手配をすべてしてくれたのだとか。彼らのおかげで代表者はみんなの分のお守りなどを買ったりとお土産を買う、という重責を果たせたそうです。

関所抜け江戸の女たちの冒険」を読んだ感想
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1108.html

・・・世の中うまくできているものです。

仏像ならぬ神像も飾っているのですけどね。仏様と違って、神様は平安貴族のような姿をしているのですわ。そーいうものなんだねーと神様をじっくり眺めてきましたよ。美術品として飾ってあるとはいえ、手とかあわせなくていいのかなぁ〜とちょっと悩みましたわ(^^;

σ(^^)もつねづねお伊勢詣りに行きたいと思っていますけどね。なかなか機会がありません。でも、今回は東京のお伊勢様に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

東京大神宮です。今年の正月に果たせなかったお詣り、ようやく果たせました(T_T)

お正月の東京大神宮
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/1106.html

あっさり鳥居をくぐることが出来ました。やはり、女の人の姿が多いのかなぁ・・・と思いきや、おじさん2人組もいました。静かでいいところでしたね(^^)

・・・お伊勢詣りといったら、赤福です。ちゃんと、博物館の売店に売っているのですよ。本当、世の中上手くできているものです(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

赤福は3年ぶり♪これをいただいてこそ、お伊勢詣りといえるかと。

前に赤福を食べたときのこと。なぜかドイツ土産(笑)
http://fine.ap.teacup.com/mominoki/559.html

ちょうどこのあと、赤福の例のあの事件があったのですね(^^;

クリックすると元のサイズで表示します

そしてお楽しみの「伊勢だより」。四日市祭にでるという、ろくろ首・・・ならぬ大入道。全長9Mもあるのだとか。ちょっとこれ、実物見てみたいかも(^w^)

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ