2007/2/10

(−。−;)・・・  マリンバ・音楽のこと

う〜〜〜〜〜〜〜ん、難しいデス




何が????





って、、、





今さらですが、、、、誰でも知っている有名曲のアレンジって・・・(−。−;)



今ではもう、おじいさん、おばあさん世代の懐メロ的、超有名歌謡曲を、マリンバで、、、と思って、思いつきアレンジをしてみたのですが・・・


ホントに、単なる思いつきアレンジになってしまったようです(−−;)


原曲を、よく知ってる人たちにとって、そのもとの印象が強く残ってるので、下手にハーモニーをいじり過ぎたりすると、

「この曲はこんな曲じゃないぞー」

ということになってしまいかねない・・・



今や、教科書にも載ってるくらいの曲だったので、さすがにその世代ではない私でも、当然聞いたことくらいはありましたが・・・(^〜^;)

なんとなくうる覚えのメロディーに、自分の好き勝手に思いつきのコードをふって、「さあ、これが自分流だー!」なんて、思ってたら、、、

大間違い


今まで、アレンジする曲の原曲をあまり聴かない方が、それにとらわれることなく、自由に発想できる!と思ってたのですが、、、 そこには、危険な落とし穴が・・・

その曲の持つ印象や、核になる部分はしっかりわかっていないと、全くチンプンカンプン!へんてこな曲になってしまうんだな・・・と自分の無知さに反省m(_ _)m

その大事な部分はしっかり保ちつつ、色づけしていくことが、一番自然でスマートなアレンジということになるんですね〜

どこか、自分の中では、逆になるべく原曲から離れてそこから抜け出した全く別物!くらいの曲にしなきゃ!と、『アレンジ=変える』という思い込みがあったような・・・。   
たとえ、そういうアレンジをするにしても、その曲に関して、メロディーに対するフレーズ感や、曲全体がみえてないと全くトンチンカンなことになるのですね!
わかってするのと知らずにするのじゃ、大違い!!ということです(^〜^;)


と、今さらながらに、いろいろ気づかされましたm(_ _)m



もう一度原点に戻って、頑張ります(^-^)9
0



2007/2/10  19:01

投稿者:殿

そうだね、アレンジにはやはり「愛」が必要だね。原曲が有名曲であればあるほど、多くの人の「愛」がその曲には宿ってるからね。それをも超える「愛」が曲に対してあれば、どんなにアレンジしても「愛」は消えないものですよ。がんばって〜!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ