melonpanのつぶやき。

東武鉄道を中心に、鉄道全般や食べ物ネタなどが多いブログです。

 
上を向いて がんばろう 日本! 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

ブログリスト(更新順に表示)

rescue他

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

息抜きにどうぞ♪

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:melonpan
A80&481さま、こんばんは。コメントありがとうございます!
この時は短時間でレアな車両たちがまとめてやってきてくれました(笑)
9101Fが地下運用に就くのは予備の予備みたいな確率ですからね。今後入る可能性は低いと言っても過言ではないでしょうね。
9000系量産車のドア窓枠は更新時に複層ガラスのタイプに交換されてしまいました。10030系の初期数編成にも同じタイプがいますね。

東武は車両数が多いこともあって、他の鉄道会社に比べると車両は永く使う傾向があります。
しかし50000系列は290両を数え、近々300両を突破します。8000系最盛期の712両には及びませんが、今後とも勢力は拡大していきますので、8000系全体の動きにも要注目ですね!

http://fine.ap.teacup.com/melonpan/
投稿者:A80&481
僕の場合、東上線よりも伊勢崎線・亀戸線を使う割合が高いですので、東上線のほうは森林公園イベント以来乗車していません。
東上線は8000系原型フェイス2編成が元気に活躍していますし、50000系グループで唯一非貫通の51001F、Yスクエアとなった9101Fと特徴ある車両たちが東上線に足を運んだ際、出迎えてくれます。

9101Fは先日地下運用でしたが、現時点では地上に戻ったのですね。今度地下に入るのはいつになることでしょうか。そういや日比谷線で20000系トップナンバーに乗車した際、室内側ドアの窓枠を見ていてついつい更新修繕前の9000系を思い出してしまいました。現在、9000系量産編成のドア枠を見れるのは2000系の2編成と6050系といったところでしょうか。

8111、8112Fの2編成も更新から既に20余年になりますし、そろそろ変化があってもおかしくないかもしれません。8000系より数年後輩の小田急5000形でも2編成が昭和44(1969)年に製造され現在では最古参なので、こちらも長寿車両ですがもう変化があってもおかしくない時期に達しています。

http://blog82.fc2.com/tetsudonakama
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ