melonpanのつぶやき。

東武鉄道を中心に、鉄道全般や食べ物ネタなどが多いブログです。

 
上を向いて がんばろう 日本! 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

1位 鉄道イベントスケジュール
1拍手
2位 今年も終わりですね
1拍手
6/29〜7/6までのランキング結果です。

ブログリスト(更新順に表示)

rescue他

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

息抜きにどうぞ♪

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:melonpan
A80&481さま、こんばんは。コメントありがとうございます!
そうですね、京成曳舟駅はお隣地下の押上駅とはうって変わって雰囲気がいきなりローカルですよね(^^ゞ
東武曳舟駅は半直対応で浅草方は半蔵門線の連絡線など大きく様変わりしましたが、曳舟駅自体はさほど変わっていませんね。
北総7300形はスカートもつけず、LED化もされておらず、雰囲気は登場時と比べてもあまり変わりませんね。側面に羽のようなロゴ(?)がついたくらいでしょうか。

http://fine.ap.teacup.com/melonpan/
投稿者:A80&481
こんばんは。
京成曳舟駅は東武曳舟駅と違いどこかローカルな印象が漂っています。東武の場合は半蔵門線乗入を機に印象が変わりましたが、京成のほうも高架化工事で変わろうとしています。明治通りに面していることもあり、都内では「開かずの踏切」として有名なところです。でも東武曳舟と京成曳舟は乗換駅ではないものの、例えば亀戸から柴又へ向かう時の乗換で使えるとある本で紹介されています。

京成曳舟駅のホームは上下線とも狭いのが特徴です。下り線もいずれは仮ホームに移設されますが、狭さは変わらないようです。高架化になったら地上時代より大きく変わっていることでしょう。

7300形は北総線が高砂までつながった際に2編成製造され、車体は京成3700と同じものの、カラーや内装の一部は異なります。2003年頃には京成3808Fがリースされ、7808Fとして活躍しています。最初の2編成に関しては親会社の3700形全編成にスカートがついているのに対してこちらは設置されていません。2編成のうち7308Fは方向幕がLEDに交換されました。残りの2編成はいずれLEDに変わる予定があるでしょうけど、京成3700グループの中でもよく原型を保っています。

http://blog82.fc2.com/tetsudonakama
投稿者:melonpan
特急あらかわさま、こんばんは。コメントありがとうございます!
そうなんですよね、京成曳舟駅のすぐのところに明治通りがあってあそこがネックでしたよね。
曳舟というとどうしても東武を思い出してしまうもので、東武の3面5線の高架駅と比べて相対式2面2線の京成曳舟駅は目立たないイメージでした。
京成立石も含めて高架化工事が完成すれば八広のように従前のイメージをくつがえすことになりそうですね。

http://fine.ap.teacup.com/melonpan/
投稿者:特急あらかわ
京成曳舟駅のすぐ北には幹線道路の明治通りの踏切があり、ここが待ち時間が長く、ラッシュ時には渋滞をすることや以前この踏み切りの近くで交通事故が起き、重傷者がでた事などから高架化の機運が高まりました。
曳舟駅は京成が狭い電車時代の停留所を改修した為かホーム幅が非常に狭いものになっています。それだけでなく、10年くらい前までは明治通り側の改札は自動券売機すらなく、係員が券を販売してました。
近代的な地下鉄路線を出てからいきなり1駅目に時代に取り残されたような感じの駅に会うのもそのギャップがすごいです。
京成押上線は葛飾区内の立石付近でも高架工事が行われていますがこちらはまだ始まったばかりで墨田区ほどではないです。将来的には完全高架の路線になる予定です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ