melonpanのつぶやき。

東武鉄道を中心に、鉄道全般や食べ物ネタなどが多いブログです。

 
上を向いて がんばろう 日本! 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

ブログリスト(更新順に表示)

rescue他

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

息抜きにどうぞ♪

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:melonpan
MAKIKYUさま、こんばんは。コメントありがとうございます!
そうですよね、記念カードはチャージなどの際に券面に傷がつくのがいやでした。1500円ぴったりで使い終わってしまっているカードが何枚もあります(^^ゞ
バスでのチャージはしたことがないですね。並んでいる人がいたり、途中の停留所でお願い使用とも思わないですし。鉄道駅でチャージできるということもあり、今後もバスではチャージすることはなさそうです(^^ゞ

http://fine.ap.teacup.com/melonpan/
投稿者:MAKIKYU
こんばんは。

韓国のTマネーなどはチャージ機が「置くタイプ」なのに対し、Suica/PASMO事業者の券売機などは殆どが「入れるタイプ」で、カードに傷が付きやすいのは確かに難点で、これだとカード形状が限られる弱点(Tマネーなどはストラップみたいなモノも売られていますが…)もありますね。
(JR西などでよく見る、後付タイプの様な形態なら多少は良いのですが…)

ただ鉄道駅券売機でのチャージを極力避け、路線バス車内やチャージ可能な物販店舗でチャージを行えば、この問題はある程度解決できます。

とはいえバス車内でのチャージは、始発での待機中などはともかく、途中停留所での乗降扱い中などに行うと余計な時間を費やす事となり、大半の事業者では乗務員の操作が必要(小田急バスの様に乗務員の操作なしで、乗客がセルフチャージ可能な運賃箱を導入している事例もありますが…)ですので、毎回バス車内でチャージと言うのは難しく、チャージ可能な金額に制約がある上に、中には1回のチャージ金額を制限している事業者もあるほどですが…

http://blog.goo.ne.jp/makikyu
投稿者:melonpan
TOMO-kさま、こんにちは。コメントありがとうございます!亀レスで申し訳ございません<(_ _)>
そうなんですよね、なんだか中途半端という感じがします。緑丸二つの意味がようやくわかりましたが、制限だらけで何とかならないもんですかねぇ。
モバイルSuicaの掲示は見ました。カードタイプだからかと思いましたが、なぜあんな対応なんでしょうね。何にしろ制限だらけになると面倒になりますよね。
投稿者:TOMO-k
私がこのニュースを知った際に、「ついにモバイルSuicaやSMART ICOCAみたいに自社・他社問わずクレジットチャージ可能になるのか」と思いました。

そしてPDFを拝見して、結局Suica付きビューカードでしか対応できないところに大きく落胆しました。

話は若干それますが、最近東京メトロの改札口でモバイルSuicaでの精算ができなくなりつつあります。
改札にあるのは「載せるタイプのICリーダー」なのに、京急等のように使いづらくしてどういうつもりなのかと思いました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ