2008/3/28

小高文庫の会話  ボランティア

本日、企画展「オリーヴ・プロジェクト」の作品が到着しました。
30日(日)に展示替えを行います。
今回の出品者は外国の方も多く、また絵画、写真、インスタレーションなど作品のバリエーションも豊富なので展示が楽しみです。

また、午後からは小高文庫でM園さんが書籍整理のボランティアで来館。
大阪から来館した高校の先生(メキシコの壁画運動に関心があり、今回は東京都現代美術館で展示中の岡本太郎の《明日の神話》を観てこられたという)と、ずいぶん熱心に岡本太郎や丸木夫妻の作品について話していました。
シケイロスらの壁画運動に関心を寄せたそれぞれの画家たち。丸木夫妻は水墨で具象的に原爆を描き、岡本太郎は鮮やかな色彩で抽象的に核問題を描きました。
その表現方法は大きく違っても、根底にある思いはそれほど違わなかったのではないかとお二人の話を聞きながら思いました。

岡本太郎の《明日の神話》、渋谷に設置が決まりましたが、6月までは東京都現代美術館で公開中です。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ