2008/3/20

「ひろしまのピカ」読み聞かせ(朝日新聞「声」欄より)  掲載雑誌・新聞

3月20日の『朝日新聞』朝刊「声」欄に、川崎市多摩区の大渕アヤさんの「本読み聞かせ私も感動した」との投稿が掲載されました。

昨年の秋から友人に誘われて読み聞かせの講習を受け、初めて中学校で読み聞かせのボランティアに行くことになった大渕さん。市の図書館で悩みながら『ひろしまのピカ』を選び、中学生の前で一生懸命読んでいる時、中学生の啜り泣く声が聞こえてきて、声が詰まりそうになったという内容です。
大渕さんは読み聞かせのために「私自身も広島の悲惨さについてもっとよく知らなくてはと思い」、丸木美術館へも見学に来て下さったそうです。

「教室での子供たちの戦争に対する反応に、私も感動しました。でも、今の日本はこの子たちが無事に幸せな一生を送られる国なのでしょうか。少しでも子どもたちに役立つ本を選び、読んでいきたいと思いました。」と、投稿は結ばれています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ