2005/8/26

8月26日(金)  分類なし

【今日の入館者】49人

「日韓五世代の対話」展 準備
中国出張に行く前に、日韓五世代の対話展の出品作家のみなさんに展覧会の概要と企画展チラシ案、会場見取り図案を作成し、お送りする。日程の変更・調整などでいろいろと難問の多かった展覧会だが、一応の目途がつきつつあるように思える。
後はN事務局長とY子さんに引き継ぎをして、留守中にチラシ入稿等の準備を進めてもらうことにする。

『原爆の図』中国展示と学芸員の本来の仕事
いよいよ明後日から中国出張。先方の招待による出張なので、何か役得のように思われているような気もするが、あくまで作品に帯同する随行人としての出張だ。所蔵作品の輸送展示と作品の状態を、はじめから終わりまで同じ人間が細心の注意を払って確認しながら事故のないように付き添うのは学芸員の基本的な仕事である。
今日、中国側から帰りの作品帯同の件で連絡があったが、一般的には行きに帯同した学芸員が再び作品とともに帰国するのが妥当だと思う。まあ、そうは簡単に行きそうもないのがこの美術館。学芸員としては複雑な思いもある。

展覧会情報
「原爆展」
主催:親江会(江戸川在住被爆者の会)
会場:タワーホール船堀1階展示場T、U
日程:8月26日(金)〜31日(水)
時間:午前10時〜午後8時30分(入館は午後8時まで、最終日は正午まで)
展示:丸木美術館所蔵『原爆の図』写真パネル15点
   広島平和祈念資料館所蔵「サダコと折り鶴ポスター」
   東京大学総合研究博物館巡回展「石の記憶」展―ヒロシマ・ナガサキ―被爆試料に注がれた科学者の目
※8月30日(火)には江戸川平和コンサートが開催されます。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ