2005/6/29

6月29日(水)  分類なし

【今日の入館者】2人

○午前中は小雨。メールの応対などに追われる。ブログの公開について、数人の役員や大学時代の友人たちから反応がある。とりあえず好評でひと安心。その日の入館者を公表するというのはちょっと勇気がいるけれども(特に少ないときには)、現実をそのまま知ってもらうのは悪いことではないと思う。お客さんにはたくさん来て欲しい。

○午後、東松山市役所のKさんとYさんが来館。7月10日の「子ども獅子舞」の打ち合わせなど。ここにきて「ホタルの里の展覧会」の客足は今ひとつではあるけれど、それでも地域の人たちと顔見知りになれたことは大きい。来年、再来年につながるように、子どもたちにも丸木美術館をよく知ってもらえるように、この展覧会を無駄にしてはいけないとあらためて思う。

○江戸川に住む理事のGさんから「ブログというものを初めて見ました」との連絡がある。丸木美術館が多くの人に愛される場所であって欲しいというぼくの意見に共感して、Gさんが初めて丸木美術館を訪れたときのことを書いた文章をFAXで送ってくださるとのこと。しばらくして届いた文章は、Gさんらしいとても品のある丁寧な文章で「囲炉裏のある古い日本家屋」で「山羊の乳からつくったチーズと焼きたてのパンに山羊のミルクをご馳走になった」と書かれていた。今は鶏も山羊もいなくて、丸木夫妻のようにあたたかいもてなしをすることは難しいけれども、せめて来館者にはそうした歴史の一端を感じてもらえたらと思う。

○一日の終わりに日誌を書くことが、ある種の気晴らしになっていることに気づく。できるだけその日に見つけた「いいこと」を記しておきたい。弱音を吐いたり、愚痴を書いたりはしない、というルールを決めることにする。
0



2005/7/1  4:58

投稿者:(つ)さん

上のコメントへの追伸
G理事の文章、読んでみたいです。美術館のHPなどの媒体か、このブログに掲載できないでしょうか?
タイピングの時間がなければ、手伝います。


2005/6/30  9:40

投稿者:つるたさん

ときどきは弱音を吐いたりしてもいいんじゃないかなって思う。ま、いつもじゃ困るけど。
そういうときに、「いっしょになんとかしよ」っていってもらえる人間関係をどう作るかっていうのが大切なんだと思うな。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ