2006/11/14

県民の日  その他

今日は埼玉県民の日。県内の学校はお休みです。「県民の日スタンプラリー」が行われ、各地でイベントが開催される日ですが、丸木美術館も高校生以下は入館無料となります。
とはいえ、例年それほど入館者が増えるわけではありません。天気も良いことだし、きっと皆さん、親子で遊園地や動物園に行って楽しむのでしょう。それでも今日は親子連れがいくらか来館して下さいました。

今日は朝早くから、近くに住む評議員のUさん夫妻がボランティアで美術館周辺環境の整備に来てくれました。N事務局長も午後にホームセンターへ出かけて前庭に置くテーブルを1台購入。美術館のまわりがずいぶん落ち着いてきれいになりました。
午後1時には埼玉新聞のA記者が企画展の取材に来館。出品作の紹介をしながら、展示室を案内して回りました。ちょうど群馬大学教育学部の学生20人のグループが来館したので、《原爆の図》の前で館内説明をした後、企画展を鑑賞しているところを取材用に撮影させてもらいました。
0



2006/11/16  10:28

投稿者:岡村

いつもPRありがとうございます。
ヨシダさんの本(『丸木位里・俊の時空』でしょうか)も、小沢さんの本も、たいへん読み応えのある深い内容ですので、多くの方に読んで頂けるといいですね。

丸木美術館のまわりはすっかり秋らしくなり、都幾川の景色は黄金色に輝いています。
ぜひ多くの方にご来館いただきたいと思います。

2006/11/15  19:58

投稿者:けんもちまさゆき

ご無沙汰しております。
ここのところめっきり冷え込んで、僕も体調を崩してしまい、ずっと寝込んでいましたが、だいぶ治ってきました。

これから寒くなるにつれて、この期間だけ美術館への来館者がグーンと淋しくなるかも知れませんが、私も微力ながら地道にPRをさせていただきたいと思います。

ところで、きょう地元の図書館(隣の中之条町にある吾妻郡図書館)で、丸木関係の資料の本がたくさんあってびっくりしました。
以前、「原爆の図」の豪華版の購入を依頼して、買っていただきましたが、俊先生の絵本はもちろん、その他、例えばヨシダヨシエさんの評論本や小沢節子さんの「原爆の図」(岩波書店)などもありました。

一田舎の図書館にこれだけ購入していただけていることを、地元にいながらとても喜んでいます。

ただ単に購入しただけならば、無駄遣いの枠でとらえられてしまいますが、そういう地域での広がりがあることを、かすかに実感しております。

広域圏のなかでも、おもに東吾妻地域(中之条、東吾妻、高山の各町村)の住民が利用している図書館で、4万人弱の地域ですが、積極的に貸し出しがなされております。

私もこれを機に地元の人たちに東松山と美術館について、さらにアピールできたらと願っております。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ