2006/9/24

みて★かいて★たべようよ  イベント

クリックすると元のサイズで表示します
▲みんなで万年山さんの作品を切って絵を描きました

クリックすると元のサイズで表示します
▲取材のMリポーターも挑戦!

今日はカルディア会主催による「みて★かいて★たべようよ」というワークショップが美術館の隣にある野木庵で開催。
NHKさいたま放送局が取材に訪れ、万年山えつ子さんの作品とユニークなワークショップの様子を撮影しました。ワークショップの内容は、万年山さんが描いた油彩画の大作を子どもたち(大人も参加しましたが)が自由に切り取り、その上にクレヨンやマジックで絵を描くというもの。絵を切る、というところが大胆ですが、万年山さんがそうするには深い理由があるのです。「絵よりも人間が大事」という万年山さんの信念にも似た優しさがそこには潜んでいます。
この日の様子は、28日(木)午前11時5分からのNHK総合テレビ「こんちには! いっと6けん」の番組内で放送されます。Mリポーターもワークショップに挑戦しています。
たくさん絵を描いた後は、参加者全員と美術館スタッフ、NHKのみなさんで美味しいカレーやサラダ、どら焼きを食べました。万年山さんのワークショップは、お腹もいっぱいにふくれるのです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ