2005/6/26

6月26日(日)  分類なし

【今日の入館者】41人
○大阪より評議員のYさんが来る。午後の「美術館再生プロジェクト会議」に参加するため。昨夜はNさんの家に泊まったとのこと。午前中は美術館で庭掃きなどをして下さった。会議の会場に行く途中の電車のなかで、美術館の近況を含めた話をする。Yさんと二人だけでゆっくり話したのは初めてではなかったか。

○Yさんは大阪で小学校の先生をしている。そのため、学校や子どもたちの話が中心になる。Yさんは「子どもたちにはな、自分を叱って他人を褒め、言うとるんや。それが平和やねん。自分を褒めて他人を叱るから戦争になるんや」と言った。「これはな、大人でもようできん」。まったくその通りだと思う。自分のことも反省して、胸が痛くなる。

○「丸木美術館にいると、知らず知らずのうちにそういうことに気づいていくんですよね。それが、この美術館のいいところだと思うし、僕たちが受け継いでいかなければならないことだと思うんですよね」と言うと、Yさんは「そうなんや。それから、わしらがなんで丸木美術館に関わるようになったか言うたら、美術館が居心地のいい場所やったからや。来るものは拒まずっちゅう、丸木夫妻の精神もあるな。わしらは丸木夫妻にからめとられたんや」と笑った。「僕は、丸木夫妻とはほとんど会っていないけれども、そのかわりSさん(前の事務局長)やNさんにからめとられました」と言って笑う。Yさんは「8月になったら、一週間くらいこっちに泊まりに来て、Wくんといっしょに竪穴住居を整備したり、いろいろ美術館のことを手伝うでえ」と言って下さった。なんだかとてもありがたく、励まされた気がした。

○本郷三丁目の駅を降りて、近くのおにぎり屋さんに入ったら、ばったりYWCAのSさんに会ったので、三人で昼食をとる。その後コーヒーを飲んで、道を歩いていたら、ずっと先の方に黒い日傘を差して真っ赤な花柄の黒いドレスを着たMさんが見えた。Mさんは(何か面白いものはないかしら)とあちこちきょろきょろしながら歩いていて、すぐに僕たち三人に気づいたので、「Mさぁん!」と手を振ると、Mさんも満面の笑顔で手を振ってくれた。そして、結局四人で会議の会場まで歩いて行った。会議の中身については省略。
0



2005/6/28  13:01

投稿者:つさん

ほんとに大阪のYさんやAさんには頭が下がります。

いろいろたいへんなことも多いけど、丸木をなんとかしていきましょう。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ