2006/6/9

チェルノブイリ国立博物館学芸員来館  来客・取材

クリックすると元のサイズで表示します
▲館内を見て回るナターリヤさん一行

ウクライナ・キエフのチェルノブイリ国立博物館学芸員のナターリヤ・パラノーフスカさんが、G理事に連れられて来館、館内を案内して回りました。丁度浦和から来館したL学院高校の館内説明や2008年に開催予定の企画展の作品調査などが重なり、ゆっくりとお話しできなかったのが残念でしたが、ナターリヤさんはとても真剣に作品をご覧になって、質問などもして下さいました。
「この美術館には、日本や他の国の首相は来ますか? すべての国の首相は必ずこの美術館を訪れるという決まりを作らなければなりませんね」とナターリヤさん。とても多忙な日程だと伺っていたのですが、「皆さんがパワーをくれますから」という穏やかな笑顔が印象的でした。

  *  *  *

町田市国際版画美術館のT学芸員と東京新聞文化事業部のIさんが来館し、2008年度に開催予定の「明かされる南洋の日本美術−南洋原始に魅せられた彫刻家と画家−」のための作品調査を行いました。今回調査したのは丸木俊が1940年に南洋群島を訪れた時の油彩画とデッサン、帰国後に描いた大作(二科展、美術文化展出品作)や絵本原画、1978年に再びヤップ島やパラオを訪れた時の水彩画やデッサンなどです。
「あらためて見ると圧巻ですね」とTさん。「デッサン力が素晴らしいですね」とIさん。特に1940年の南洋体験は丸木俊の画業にとって重要な転換点となった出来事だけに、まとまって紹介される機会ができるのは今からとても楽しみです。
0



2006/6/11  1:06

投稿者:こうのすふれあいコンサートNです。

こんにちは。MS.Nです。今、7/1のコンサートに向けて準備中です。たくさんの方にご来場いただけるとうれしいです。先日九条も会主催のコンサートに参加しました。プログラムに7/1のチラシを挟み込みしていただきました。9日浦和L学院の生徒が来館したそうですが、実は家の子供たちは卒業生でして、学院便りで、美術館を訪問することは知っていました。生徒たちにとって、有意義な一日を過ごすことが出来たと思うと、とてもうれしく、私の気持ちを、ここに書かせていただきました。多くの子供たちに原爆の図を見てもらい、原爆の悲惨さ、戦争のおそろしさ、無意味さを知って欲しいと思います。日本の歴代の首相は丸木美術館を訪れたこと、あるのですか。10日、小泉さんはオペラ鑑賞でご機嫌でしたが、ぜひ丸木美術館にも足を運んでいただきたいですね。そしたら、政治の考えや見方も変わって、今の日本の政治も変わると思います。

2006/6/10  16:00

投稿者:artput/ takita

はじめまして

職業別ブログ集サイト“仕事コトログ”と申します。
貴サイトを仕事の現場の空気を感じ取れるブログと
して、勝手ではありますが、選ばせていただきまし
た。掲載の拒否、ご要望などありましたら、お手数
ですが、御連絡いただけると幸いです。尚、差し支
えなければ、リンクも張っていただけると、たいへ
ん嬉しく思います。よろしくお願い致します。

artput/ takita

掲載ページ:
http://www.artput.net/joblog-gakugeiin.html
仕事コトログ
http://www.artput.net/joblog.html
info@artput.net

http://www.artput.net/joblog.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ