2018/11/12

前進座「ちひろ」公演  館外展・関連企画

練馬文化センターにて前進座の舞台「ちひろ―私、絵と結婚するの―」初日を鑑賞。
いわさきちひろ生誕100年企画で、ちひろが舞台化されるのは初めてとのこと。演出が鵜山仁さんということからも、その力の入れようが伝わってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

敗戦翌年に松本から単身上京して新聞社を訪ね、画家夫妻(劇中では丸山夫妻)のもとに世話になり、やがて弁護士志望の青年(劇中では橋本善明)と出会って恋に落ち、紙芝居「お母さんの話」で文部大臣賞を受賞するまでの物語。
丸木俊が準主役級、というか、脚本を手がけた朱海青さんによれば「ちひろより台詞が多いくらいです」とのことで、事前に役者の方たちが丸木美術館に来てくださり、脚本も読ませていただきました。

丸木俊をモデルにした登場人物を舞台で観たことは、これまでにも何度かあるのですが、皆それぞれ違う役者さんなのに、俊の言葉を語ると、どこかリアリティが生まれて「丸木俊」に見えてくるのが面白いところ。
今回、浜名実貴さん演じる丸山俊子は、威勢が良くてアトリエ村の女親分のような存在。有田佳代さん演じる可憐なちひろに「一本の線に責任を持ちなさい」と時に厳しく叱咤しつつ、温かく見守る姿が格好良かったです。

前進座からお誘いを受けて、会場で販売しているパンフレットにも寄稿させていただきました。
「ちひろと俊と「前衛」の夢」と題して、二人の前衛美術会時代に焦点を当てた内容です。
初期の前衛美術会は、年1回の東京都美術館を会場に行う展覧会とは別に、銀座・天元画廊で「街頭展」を隔月開催していました。それを逐一報じていたのが『東京民報』で、おそらくは俊の主導でしょうが、素描や油彩、生活美術などの小品展が企画されていたことがわかります。そして、1947年11月の第3回街頭展では、後にちひろの出世作となる紙芝居「お母さんの話」が出品されているのです。

この紙芝居は、1950年に日本紙芝居幻灯株式会社(現在の童心社)から発行されたのですが、正確な制作年は特定されていなかったとのこと。
最近は忙しさにかまけて、なかなか新しいことが書けずにいたのですが、ささやかながら従来の資料を補完する仕事ができて、少し肩の荷が下りた思いです。

前衛美術展に紙芝居とは意外な気がするものの、社会変革の前衛を目指した会の目的・事業には、「児童美術研究」も含まれていました。試みは必ずしも成功したとは言えず、程なく俊もちひろも会を離れていくのですが、二人の中でその志は生き続けて、それぞれの豊かな仕事へと結実していったのでしょう。今回の舞台では、そんな未来の予兆も感じさせる、二人の画家の心の交流が印象的でした。

舞台はこれから、12月25日まで東日本各地を巡回するそうです。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ