2018/9/22

『朝日新聞』に徳応寺版「原爆の図」模写紹介  掲載雑誌・新聞

現在、丸木美術館2階の小展示室では、1956-7年に愛知県岡崎市の小学生が手がけた「原爆の図」模写が展示されています。
岡崎市の徳応寺が所蔵している11点の掛軸で、「模写」を通り越して、独自の世界へ突き進んでいくようなエネルギーあふれる作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

その展示を、朝日新聞の西堀岳路記者が紹介して下さいました。

60年前の小学生「原爆の図」模写 東松山で展示
 ―2018年9月22日『朝日新聞』朝刊埼玉版

https://digital.asahi.com/articles/ASL9N52HKL9NUTNB00K.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以下、記事より一部抜粋です。

=====

1956年、市立小の教師が平和教育の一環で5年生たちに原爆の図の画集を見せたところ、恐ろしさに心を動かされた子どもたちが模写に取り組み始めたという。
 自分たちでシジミを売るなどして紙や画材を買い、30点を目標に6年生になっても描き続けたが、市教育委員会から「思想的だ」と批判されたため、11枚目が未完成のまま制作を中止。焼却されるところを地元の徳応寺が引き取った。1985年から毎夏、寺で公開しており、今回初めて寺の外に貸し出されたという。


 (中略)

 子どもたちの模写は1メートル〜1・8メートル四方で、画集を基にしたためか原画の一部分を拡大して描いている。原画のようなリアルさはないが、苦しむ人々の目や口など、子どもたちが強い印象を受けた部位が大きく描かれ、線も太い。原画にはある余白もなく、そのぶん人物が大きいため迫力がある。

 学芸員の岡村幸宣さんは「そっくりに描かせず、素直な感性に任せた指導がすばらしい。模写とはいえ違う絵のような個性と勢いがある」と評価する。


=====

展覧会は10月8日まで。ぜひ皆さま、加茂昂展と合わせて、ご覧ください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ