2017/5/27

自由芸術大学講座「日本の社会派アート100年」  他館企画など

谷英美さんの朗読会の後は、急ぎ新宿御苑前駅に駆けつけて、IRA(イレギュラー・リズム・アライサム)で開催された自由芸術大学講座「日本の社会派アート100年」に参加しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ビルの3階の一室の小さな会場は、30人ほどの参加者でほぼ満員。ちょうど花園神社の祭礼の日で、開け放した窓からは街の喧騒も聞こえてきました。
スピーカーは、視覚社会史研究者の足立元さん。

クリックすると元のサイズで表示します

著書の『前衛の遺伝子』の内容を、「アナキズム・アート論」と言うべき方向に発展させ、社会への抵抗の手段としてのアートの可能性と困難さを考える、興味深い講義でした。

「人はどこまで抵抗できるかを考えたい。しかし、私たちは抵抗するだけの独善性、愚かさも知っている」
「社会派であればアートとして優れているとは限らない。逆もまた然り」
「イデオロギーに乗っただけの作品をアートとして否定した上で、その社会史的な意味を考えたい」
「アートは裏切るもの」という足立さんですが、彼自身の発表にも、こうした語義矛盾のような言葉が、しばしば登場しました。

「プロト・アナキズム」としてのディオゲネスや傾奇者から、幸徳秋水、小川芋銭、日本アニメーションの始祖である幸内純一、黒曜会と望月桂、村山知義、柳瀬正夢、津田青楓、小野佐世男、そして戦後のシュルレアリスム、ルポルタージュ絵画、反芸術、美共闘、バブルと抑圧、ポスト9.11、ポスト3.11まで・・・。

「日本の社会派アートの作者は、多くの場合、挫折し、転向している。でも挫折してもいい。たとえ負けても、その仕事は誰かが引き継いで戦ってくれる。あるいは、今日の問題として語りなおすことで、敗れた者も時空を超えて甦る。それがアートであることの強み」

限られた時間の中での発表で、もう少しじっくり話を聞きたいところもありましたが、いずれは書籍にまとめたいとのこと。そのときを楽しみに待ちたいと思います。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ