2016/10/19

NHKニュースにて「壷井明展」紹介  TV・ラジオ放送

昼のNHKニュース(首都圏版)にて、開催中の企画「壷井明展」が紹介されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161019/k10010734821000.html

以下は、NHKのWEBサイトより。

=====
原発事故後の福島を描いた絵画の展示会が、埼玉県東松山市で開かれています。
この展示会は、原発事故後の福島をテーマに創作活動を行う壷井明さん(40)が幅3メートルを超える巨大なベニヤ板に描いた油絵の作品を集めたものです。
展示されているのは「無主物」と題する11点の連作で、このうち「朝日」という作品は、事故後、原発近くに集まった親子らが、風船を受け取って空を飛ぶ姿が描かれていて、その場から逃げて命を守ってほしいという願いが込められています。
また、除染作業が進められる中で、羽根を広げた女性が浮かぶ姿が印象的な「避難指示区域」という作品は、ふるさとに戻りたいという被災者の思いが表現されています。
訪れた人たちは、原発事故の悲惨さを強く訴えてくる作品に一つ一つ、足を止めて見入っていました。
主催した美術館の岡村幸宣学芸員は、「原発で事故が起きると人間に何をもたらすのか、作品を通じて考えてほしい」と話していました。
この展示会は、来月12日まで東松山市の「原爆の図丸木美術館」で開かれています。

(10月19日 10時49分)
=====

クリックすると元のサイズで表示します

10月22日(土)午後2時からは、楢葉町の宝鏡寺住職・早川篤雄さんの講演会「危惧の実像 原発事故は楢葉町をどう変えたのか」(参加費500円、入館券別途)も開催されます。

電車でおいでの方は、東武東上線森林公園駅南口よりタクシー10分。
市内循環バスをご利用の方は、東武東上線高坂駅西口より唐子コース12時7分発(丸木美術館北下車)または東松山駅東口より唐子コース13時12分発(浄空院入口下車)をご利用ください。
最寄り駅は東武東上線つきのわ駅で、南口から徒歩25分(駅窓口で地図がもらえます)。ただし、つきのわ駅からはバス・タクシーはありません。

どうぞ、皆さまご来場ください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ