2015/11/23

『フィナンシャル・タイムズ』に原爆の図展評掲載  掲載雑誌・新聞

原爆の図ニューヨーク展について、経済紙『FINANCIAL TIMES』が芸術面で読みごたえのある批評を書いて下さいました。
取材が来たとき、いつも飄々としているパイオニア・ワークスの責任者・ガブリエルが、珍しく興奮していたので、なかなか凄いことのようです。
http://www.ft.com/intl/cms/s/0/0dce44ca-8f76-11e5-8be4-3506bf20cc2b.html#slide0

パイオニア・ワークスという場所性も含めて、「原爆の図展」の意味を読み取る内容で、今年1月、私が初めてこの会場を訪れたとき、安全面などのリスクに頭を悩ませながらも、「ここでやってみたい」と決断した理由を理解してくれている記事です。

世界の芸術の重要な拠点であるニューヨークのなかでも、若い世代が新しいムーヴメントを起そうとしているブルックリン。その先鋭的な地域で、「もっともブルックリン的な場所」だからこそ、《原爆の図》を展示してみたいと思ったのです。

以下、拙訳ですが英文記事と日本語訳を併記します(画像は岡村撮影、記事とは別です)。

November 23, 2015 FINANCIAL TIMES
The Hiroshima Panels, Pioneer Works, New York - ‘history is given a moral weight’
 Ariella Budick


2015年11月23日 フィナンシャル・タイムズ
原爆の図展、パイオニア・ワークス、ニューヨーク ―“歴史は道徳的な重みをもたらす”
 アリエラ・バディック

クリックすると元のサイズで表示します

The sunshine that ricochets off the waters of New York Harbour strafes the
low-rise flatlands of Red Hook, Brooklyn, filters gauzily through a grid of
windows, and lights up scenes of unthinkable suffering. Six long panels,
painted by the husband-and-wife team Iri and Toshi Maruki, depict Hiroshima in
the immediate aftermath of the nuclear attack in August, 1945.


ニューヨーク港の水面に跳ね返る日の光は、ブルックリンのレッドフック地区の平坦な土地を照射し、窓格子を通り抜けて、想像を絶する苦しみの場面に光を当てる。
丸木位里・俊夫妻によって描かれた6点の横長の絵画は、1945年8月の原爆投下後の広島の惨状を表している。

クリックすると元のサイズで表示します

At Pioneer Works, they unfold along three sides of a basilica-shaped hall, a
Civil War-era ironworks repurposed into a gallery and high-minded art lab.
There’s something harmoniously discordant about the way refined
draughtsmanship and blossoming patches of vermilion illustrate scenes of
documented horror. Skin melts, birds gnaw at irradiated bodies, the sky
blackens, captured American flyers are tortured in revenge - and yet in the
high-ceilinged nave these pitilessly narrative paintings project a
decorative calm.


南北戦争時代の製鉄所をギャラリーや芸術研究所として再利用したパイオニア・ワークスで、絵画は聖堂のような空間の3つの壁面に沿って展示されている。
洗練された線画と、咲き誇るかのような朱色の筆致が奏でる不協和音によって、恐ろしい光景が描写されている。皮膚は溶け、鳥は被爆した肉体をついばみ、空は黒く覆われ、米兵捕虜は復讐の拷問を受ける。
しかし、天井の高い聖堂で、これらの冷酷な物語の絵画は、装飾的な落ち着きを見せている。

クリックすると元のサイズで表示します

The Marukis married in 1941 and arrived in Hiroshima days after the attacks,
hoping to locate living relatives. Instead they found the hellscape that
would nurture their art for the next 30 years. Iri was trained in Japanese
ink brush techniques, Toshi in western oil painting, and together they
developed a style in which the two traditions intertwined. Renaissance Last
Judgment imagery thunders through some panels, where muscular bodies writhe
in agony and are enveloped by infernal flames. Elsewhere, great washes of
ink bleed from watery grey to impenetrable black, like abstract floods of
pain. In the most harrowing segment, crows swarm so fearsomely that you can
practically hear the deafening chorus of caws.


丸木夫妻は1941年に結婚し、原爆投下から数日後に、生き残った家族を探して広島に到着した。そこで二人は、30年間に及ぶ絵画制作のもとになる地獄の光景を見た。
位里は日本の水墨画、俊は西洋の油彩画に熟達し、二人はふたつの伝統が融合した表現を生み出した。
ルネサンス期の「最後の審判」のイメージは、いくつかの作品にあらわれている。
力強い肉体は苦悶し、地獄の炎に包まれる。さらに水墨の流動性がもたらす漆黒の画面は、苦痛の深さを抽象化している。
もっとも悲惨な画面では、恐ろしいほどカラスが群がり、耳をつんざくような鳴き声が聞こえてくるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

The Marukis were connoisseurs of tragedy, and the times they lived in
supplied plenty of material. Over the years, Iri, who died in 1995, and
Toshi, who followed in 2000, expanded their range from Japanese suffering to
the Rape of Nanjing, Auschwitz and fears of nuclear power. These topics may
seem to demand the ruthless clarity of photography rather than the
aestheticising powers of paint. (The Pioneer Works show also includes a
documentary about the artists and a small display of photos and artefacts
from Nagasaki.) But with their textured brushstrokes and graphic flair, the
Marukis’ panels give history a point of view, a moral weight. There is no
room in their detailed depictions of cataclysm to think of it as the work of
nature or impersonal historical forces. Specific humans visited these
horrors on other humans, and only human hands can properly record the facts.


丸木夫妻は悲劇を深く見つめ、彼らの生きた時代には数多くの出来事があった。
位里が1995年、俊が2000年に亡くなるまで、長年にわたって二人は、日本人の被害から南京大虐殺、アウシュビッツ、原発の脅威などを描き続けた。
こうした主題は、絵画の耽美的な力よりも、むしろ写真の冷徹な明快さが求められるのかもしれない(パイオニア・ワークスの展覧会でも、芸術家の活動を紹介するドキュメンタリ(訳者註:ジャン・ユンカーマン監督による丸木夫妻の記録映画『劫火ーヒロシマからの旅』)と、写真や長崎の被爆物の小展示が含まれていた)。
しかし、二人の繊細な筆遣いと鋭い視覚的才能は、道徳的な重みのある歴史への視点を絵画にもたらす。
彼らが丹念に描いた破壊は、自然や、人智を超えた歴史の力によるものではない。
特定の人間たちは他人にこうした恐怖を与えてきたが、一方では、人間の手わざこそが、その事実を確かに記録してきたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

A concurrent exhibition, A Body in Fukushima, picks up the Marukis’
apocalyptic theme. In a display of 31 photographs by William Johnston, most
of the images show the dancer Eiko Otake (one half of the duo known as Eiko
and Koma) variously curled, crouched and splayed in spots near Japan’s
damaged nuclear reactor. Eyes closed, shoulders hunched, long hair whipped
by a potentially toxic breeze, she expresses the loss of dead, abandoned
land. On the day I visited, Eiko danced a riveting slow-motion solo, using
the immense gallery as her stage and the Maruki panels as her set. It was as
if she had materialised, not just from Johnston’s photographs, but from the
crowds of painted victims, animating their miseries with physical grace.


同時開催の「福島の身体」展は、丸木夫妻の黙示録的な主題を拾い上げる。
ウィリアム・ジョンストン撮影の31点の写真は、ダンサーの尾竹永子(Eiko and Komaとして
知られるデュオの一人)が日本の原発事故の被災地でさまざまに身を歪め、かがみ、広げている姿を映し出す。目を閉じ、肩を丸め、長い髪を毒素の潜む微風にたなびかせて、彼女は見捨てられ、死んでしまった土地の消失感を表現する。
私が訪れた日、彼女は《原爆の図》を背景に、巨大なギャラリーを舞台にしてスローモーションのソロを踊った。それは、ただジョンストンの写真が具体化しただけでなく、描かれた被爆者の群像の苦難が実体化したかのように見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

These claustrophobic works get plenty of air around them. That’s hard to
come by: in a city where square footage is measured out in coffee spoons and
art is a gambler’s game, few environments could accommodate a single,
not-for-profit project in such ample, uncrowded space. The darkness of the
Maruki panels is sharply at odds with the lightness of the setting. A vibe
of laid-back virtue and shaggy affluence suffuses the building, from the
polished concrete floor to the open timber rafters, from the landscaped
garden with the vintage Airstream out back to the second-floor office for a
resident astrophysicist.


これらの閉所恐怖症を引き起こしそうな作品は、十分な空間を必要とする。
空間の幅がコーヒースプーンで計測され、芸術がギャンブルのように扱われる街で、一つの非営利のプロジェクトが、広い空間を手に入れることは難しい。
《原爆の図》のもたらす闇の深さは、展示環境の明るさとせめぎ合っていた。
磨かれたコンクリートのフロア、むき出しの梁や垂木、古き良き時代の雰囲気を残す裏庭、天体物理学者の研究室のある2階・・・建物には屈託のない気楽さと豊かさが満たされていた。

クリックすると元のサイズで表示します

The brainchild of artist Dustin Yellin, who imagined it as a sort of upscale
commune for creative types, Pioneer Works opened in 2012 and is now fuelled
by a global sensibility and low-key good taste. You can get married there,
attend a talk on privatised travel to Mars, learn Japanese woodworking
techniques and computer animation, or sprawl on cushions for a gamelan
concert. In other words, it is quite possibly the most Brooklynish place in
Brooklyn.


芸術家のダスティン・イェリンによる、創造的な人びとの一種の共同体という構想の産物であるパイオニア・ワークスは、2012年にオープンし、国際的な感覚と良質な趣味によって現在も発展している。
そこでは結婚式も挙げられるし、火星への個人旅行についてのトークに参加することも、日本の木工技術とコンピュータ・アニメーションを学ぶことも、ガムラン・コンサートのためにクッションで手足を伸ばすこともできる。
言い換えれば、おそらくブルックリンでもっともブルックリン的な場所なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

What that means is that here socially engaged art can be reunited with its
educational mission. Every generation forgets the previous generation’s
obsessions, and for the young who wander in for a dose of hipness, Hiroshima
is a vaguely remembered blot. They will leave this exhibition with clearer
ideas.


つまり、社会的な芸術は、その教育的な使命と再結合できるということを意味している。
どんな世代も、前の世代の強迫観念を忘れてしまう。
そして、流行をさまよう若者たちにとって、「ヒロシマ」は漠然と記憶された汚点に過ぎない。
人びとはより確かな思いを抱いて、この展覧会を後にするだろう。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ