2015/11/21

今日の反核反戦展2015オープニング  企画展

今年もまた、今日の反核反戦展2015がはじまりました。
アメリカ出張のため、丸木美術館に勤務して15年で初めて、展示作業に立ち会えないという事態でしたが、実行委員の皆さまのおかげで、無事予定通りに開幕することができました。

クリックすると元のサイズで表示します

午前11時より、オープニングのご挨拶。
飲食の準備に奔走して下さった皆さんのおかげで、美味しい料理もならんでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

この日もまた、別件で大がかりの撮影が同時並行しており、私はその準備の方につきっきりになっていたのですが、事務局のYさんが反戦展のパフォーマンスの様子を撮影してくれていたので、以下に紹介します。

まずは恒例の奈良幸琥さんのパフォーマンスでスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

続いては、熊本県の天草から駆けつけた大橋範子さんの「怒りの野良犬」。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食をはさんで、フォークグループあじさいの「歌いつづけるっ!憲法9条ー私たちの約束」。

クリックすると元のサイズで表示します

machi/「わたしのなかの ぼうりょくとひぼうりょく わたしのそとの 暴力と非暴力 ふたつをまたぐもの 隔絶されるもの またがせてはいけないもの またがせたいもの」。

クリックすると元のサイズで表示します

日本憲吉(村田訓吉)+制服向上委員会(スペシャルゲスト、反原発アイドル)「地球向上委員会2015」。

クリックすると元のサイズで表示します

スタジオ・ヴォイド/岩田恵(箏)ほか

クリックすると元のサイズで表示します

SYプロジェクト「ゼロベクレルプロジェクト」。
出演は、万城目純+ホワイトダイス(ダンス)、内田良子(朗読)、今井尋也(鼓)、多田美紀子(アコーディオン)、石川雷太(ノイズ)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、黒田オサムさんの「ほいと芸」。

クリックすると元のサイズで表示します

パフォーマンスの最後を飾ったイルコモンズ指揮、呪いの日日呪奏団+アトミックサイトの合奏による『呪いの日日』奉呪百連奏の画像は、残念ながらありません。
出演は[呪いの日々呪奏団]大熊ワタル(クラリネット)、こぐれみわぞう(太鼓)、関島岳郎(チューバ)、イルコモンズ(サックス)ほか、[アトミックサイト] 石川雷太(放射性廃棄物ドラム缶)、イルコモンズ(放射性廃棄物ドラム缶)ほかの皆さんでした。

12月6日(日)午後1時からは、池田龍雄さん(画家)と毛利嘉孝さん(社会学者/東京藝術大学准教授)の対談「美術と戦争」が行われます。
また、木版画アーティスト・コレクティブA3BCの、主に沖縄の辺野古・高江を中心とする版画ワークショップ《不服従運動と木版画》の報告会や、「反核反戦展」出品作家によるアーティスト・トークも予定されています。
どうぞ、こちらもご参加ください。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ