2015/10/25

ピースあいち「平和博ネット」・名古屋芸大「佐喜眞美術館のスタンス」展  調査・旅行・出張

午前中、名古屋市内の平和博物館ピースあいちにて「平和のための博物館・市民ネットワーク全国交流会」の2日目に参加。

クリックすると元のサイズで表示します

立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長の安斎育郎さんの基調報告を聞いた後、「原爆の図アメリカ展」について、広島テレビ制作の映像を交えて簡単に報告しました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもながら、ピースあいちの皆さんには、とても温かく迎えていただき、本当にありがたい限りです。
来春に向けても新たな企画を検討中とのことで、これからも連携していきたいと思っています。

   *   *   *

午後は、ピースあいちのM事務局長の車で、名古屋市郊外にある名古屋芸術大学で開催中の「佐喜眞美術館のスタンス〜丸木位里・俊、ケーテ・コルヴィッツを中心に」展に連れて行ってもらいました。
ちょうど学園祭で賑やかな雰囲気の中を抜けてギャラリーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

展示作品は、《沖縄戦の図》連作から5点をはじめ、本橋成一さんの写真、ケーテ・コルヴィッツの版画、ジェームズ中川さんのガマの写真シリーズなど。
学生たちも、展覧会の作品選定や展示などに関わったようで、貴重な体験になったのではないかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

会場では、観客や学生・スタッフともいろいろと話ができました。
佐喜眞美術館のコレクションが、丸木美術館以外の「ヤマト」で紹介されるのは初めてのこと。
沖縄という場所性を考えつつ、芸術作品の奥深くに流れる精神に触れるという好企画でした。

佐喜眞美術館のケーテ・コルヴィッツ作品のコレクションについては、今年8月30日にNHK教育テレビ「こころの時代」「シリーズ 私の戦後70年・沖縄でコルヴィッツと出会う」が放映されました。
非常に丁寧なつくりの番組で、11月1日午前5時からのアンコール放送も決まっています。
こちらの方も、興味のある方はぜひご覧になって下さい。
0



2015/10/30  5:05

投稿者:つるたまさひで

アンコール放送ですが、午前5時からでした。
録画予約しに行って、気がつきました。
あ、情報ありがとさんです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ