2015/10/16

名古屋芸術大学「佐喜眞美術館のスタンス」展のお知らせ  館外展・関連企画

本日より、名古屋芸術大学アート&デザインセンターにて、「佐喜眞美術館のスタンス〜丸木位里・俊、ケーテ・コルヴィッツを中心に」展が開催されます。

クリックすると元のサイズで表示します

会期は2015年10月16日(金)から28日(水)まで。
沖縄・佐喜眞美術館のコレクションから、丸木夫妻の《沖縄戦の図》連作とケーテ・コルヴィッツの作品を展示紹介する好企画です。

佐喜眞美術館のコレクションが本土で紹介されるのは、2010年の丸木美術館企画展「OKINAWA つなぎとめる記憶のために」以来。ケーテ・コルヴィッツのコレクションは初展示だそうです。
会期中には、以下の関連イベントも予定されています。
残念ながら明日から米国出張なので、講演会は聞くことができませんが、何とか展示は見ておきたいと思っています。

<特別講演会2> 原爆から沖縄戦へ−丸木位里・俊の絵画表現と戦争認識の変容
日時:2015年10月17日(土)14:00-16:00
場所:西キャンパスB棟大講義室
講師:小沢節子(近現代史研究者)

公開ゼミ1 『平和』の絵画を巡って〜佐喜眞道夫と高・大生との対話〜
日時:2015年10月18日(日)10:30-12:00
場所:名古屋芸術大学アート&デザインセンター

特別講演会3 沖縄に、戦後は訪れたのか〜佐喜眞美術館のスタンス〜
日時:2015年10月18日(日)14:00-15:30
場所:西キャンパスB棟大講義室
講師:佐喜眞道夫
※終了後、ギャラリーにて佐喜眞氏を囲んでのレセプションパーティを行います。

公開ゼミ2 版画に刻まれた祈り:ケーテ・コルヴィッツを語ろう
日時:2015年10月27日(火)16:30-18:00
場所:西キャンパスB棟視聴覚室
講師:長田謙一(美術学部教授) 、西村正幸(美術学部教授)
進行:美術学部美術文化コース学生

※講演会とゼミはすべて、入場無料、予約不要です。どなたでもご参加頂けます。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ