2015/6/30

大宮北高校出張授業  講演・発表

今日は午前中に韓国から来られた団体Asia Regional Initiativeの館内説明をした後(第14部《からす》が渡米中なのが残念)、午後から、さいたま市立大宮北高校へ出張授業。
米国出張中に突然の依頼があり、急きょ決まった授業です。

帰国後は連日のように会議や来客、館内説明、外出予定等、どうにもならないほどスケジュールが詰まっているのですが、たまたまピンポイントで日程がぽっかり空いていたので、受けることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

大宮北高校は、かつて修学旅行で沖縄で平和学習を続けていた時期があり(その頃には事前学習で毎年丸木美術館に来ていたのですが、今回は久しぶりの依頼)、校舎の玄関口には立派なシーサーが飾られていました。

担当のT先生や校長先生に温かく迎えていただき、体育館で1000人を超える全校生徒に、パワーポイントやDVD映像を用いながら、丸木美術館や《原爆の図》、そしてアメリカ展について1時間ほど話をしました。

先生たちと話をしていると、やはりアメリカ展に対する関心が非常に高いようです。
生徒たちがどうかはよくわかりませんが、この機会に初めて《原爆の図》を知る、ということも大切なのだと思います。彼らの日常の世界を、いかに70年前の広島や海の向こうの「原爆の図展」につなげていけるか、考えながら話をしました。

来週は、広島大学と東京造形大学の講義の予定が入っています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ