2015/6/12

【米国出張5日目】フィリップス・コレクション  調査・旅行・出張

いよいよ展覧会前日になりました。
日本国内では、共同通信の配信記事が各紙に掲載されているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

米首都で20年ぶり原爆展 被爆実相伝える
 
 ――2015年6月12日付『東京新聞』
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061201001204.html

昨夕からは、K理事長夫妻も現地に到着しています。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中はアメリカン大学美術館へK理事長夫妻をご案内。
とはいえ、開幕直前になってくると案外やることがなくなってくるので、午後は美術館を離れて、1月のワシントン出張の際に見逃してしまったフィリップス・コレクションへ。

クリックすると元のサイズで表示します

いま、丸木美術館で高野山成福院と勝養寺の《原爆の図》を「ロスコ・ルーム風」(誰が何と言おうと!)に展示しているので、やはりロスコ・ルームは見逃せません。
テート・ギャラリー、川村記念美術館に続いて、生涯3つ目のロスコ・ルーム体験です。

クリックすると元のサイズで表示します

瞑想なのか睡眠なのか、しばし部屋の中央の椅子で休んだ後、館内をじっくりまわりました。

クリックすると元のサイズで表示します

特別展は「American Moments」というフィリップ・コレクション所蔵写真展。
都会の風景や人々の姿、自然などのテーマに分けて33人の写真家がアメリカを映し出した作品を紹介していたなかで、アーノルド・ニューマンのアート・スチューデンツ・リーグを撮影した写真に目を惹かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

アート・スチューデンツ・リーグは、ニューヨークの有名な美術学校。
最前列中央に国吉康雄、右端にはベン・シャーンの姿が写っています。
参考までに、以下に展示されていたキャプションを書き起こしておきます。

Art Students League Alumni Group
June 1, 1950
Photograph by ARNORD NEWMAN

This photograph captures alumni from the Art Students League gathered in 1950.
Pictured at front, left to right: Henry Billings, Alexander Brook, Whitney Darrow, Paul Cadmus, Otto Soglow, Robert Philipp, Peppino Mangravite, Peggy Bacon, Yasuo Kuniyoshi, Arnold Blanch, Vaclav Vytlacil, Dean Cornwell, Reginald Marsh, and Ben Shahn
Behind, left to right: Gifford Beal (president of the league), Harry Sternberg, Philip Evergood, John Groth, Ernest Fiene, Russell Cowles, Bernard Klonis, Henry Schnackenberg, William Zorach, Adolph Dehn, Kenneth Hayes Miller, Frank DuMond, Eugene Speicher, Ogden Pleisser, Chaim Gross, Sidney Dickinson, and Louis Bouche


このほかにも、ネイティブ・アメリカンの苦難の歴史を描いたジェイコブ・ローレンスの連作も見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

コレクターであるフィリップス夫妻の妻マージョリー・フィリップスの描いた《Night Baseball》は、Baseball Artとしてなかなかの良作です。

クリックすると元のサイズで表示します

今はなきワシントン・セネタースとニューヨーク・ヤンキースの試合風景。
同じような構図で、ラウル・デュフィもボストンのフェンウェイ・パークの光景を描いていますが、フランス人で野球についての知識のないデュフィが、いわば“適当”に流して描いているのに対し、マージョリーはちゃんと野球を知っていることが伝わってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、パウル・クレーもアンリ・マティスもジョージア・オキーフも、良い作品がそろっていて、今回のワシントン滞在では唯一となる半日の自由時間を美術館でゆっくり過ごせたのはとても嬉しいことでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルへの帰り道、今回の出張で初めての街歩きをしたのですが、デュポン・サークルからジョージタウンに向かう途中の橋の両側にバッファロー?の彫刻があるのを発見しました。

クリックすると元のサイズで表示します

阿吽の狛犬ならぬバッファローの存在感はなかなかのものでした。

夕食はTさんHさん夫妻と、日本から到着したA新聞社のK記者といっしょにホテル近くのタイ料理店へ。ジョージタウンは小さなお店や飲食店が多くて助かります。
体調を整えて、いよいよ明日は展覧会のオープニングです。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ