2015/6/6

Nuisance Galerie「FUKUSHIMAと壷井明」オープニングトーク  他館企画など

午前中から取材や団体の館内説明など慌ただしい一日、午後からは2014年度決算・事業報告の理事会があり、早めに閉会して午後6時半から東京・西神田のNuisance Galerieではじまった「FUKUSHIMAと壷井明 無主物」展のオープニングトークに駆けつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

福島原発事故を主題にした《無主物》の続編4点に描き込みを続けている壷井さん。
今回の展示は、カフェギャラリーという会場で、いつもと違う雰囲気。客層も少し違っているように見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

いつものように壷井さんのトークを引き出す役割だと思っていたら、壷井さんがぼくに質問するということで、事前に聞いていたような、いなかったような……。
このところの過密気味のスケジュールで、椅子に座ると眠くなって、切れのないトークをしてしまったような気がしますが、壷井さんが嬉しそうに生き生きと語ってくれたのは良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなわけで、トーク内容のまとめは今回はできませんが、参加者の一人が丁寧な感想を書いて下さいました。どうもありがとうございます。
http://blog.goo.ne.jp/sightsong/e/ac5b291287d1f8134e4046f2cb6a47fe

クリックすると元のサイズで表示します

最後の写真は階段の格子越しに見る《無主物》、その向こうの窓からは都会のビル群が見えます。福島の先に見える東京。何とも意味深な光景です。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ