2005/7/21

7月21日(木)  分類なし

【今日の入館者】80人(団体64人、下見2人)

丸木美術館友の会文京主催・原爆の図パネル展報告
7月18日から20日まで文京シビックセンターで開催された原爆の図パネル展の報告を、昨日の搬出に立ち会った事務局のYさんより受ける。
3日間の入場者は400人〜500人、最終日に250人ほどが来場。会場には『幽霊』『火』『水』『からす』の大パネルと『虹』『少年少女』の小パネルを展示。ビデオ『劫火 ヒロシマからの旅』などを上映。区内の小学生に宣伝できなかったのは残念だったが、来場者のなかに丸木美術館に来たことのない人たちが多かったのは良かったとのこと。

団体来館・再び駐車場問題
午前中、茨城県K市役所の平和バスツアー42名とコープ東京M市コープ会22名の2団体が来館。1時間に2度の館内説明を行う。いよいよ夏休みがやって来たという感じがするが、例年と大きく違うのは駐車場問題。N事務局長は(臨時に借りている)浄空院の駐車場でバスの出入りの世話に掛かりきりになっていて、戻ってくるなり「これからは浄空院の駐車場は使えないだろう」と言った。工事の状況や、地盤の弱さなどの理由で、大型車を浄空院の駐車場に停めるのは不可能とのこと。団体の多い美術館にあって、大型車用の駐車場が用意できないのはかなり痛い。とりあえず今後はすべての大型車に「回送で待機」をしてもらうことになり、旅行会社や来館予定の団体への連絡、対応に一日じゅう追われる。

来 客
午前中、アニメ「天の園」上映委員会のMさん(ナスをお土産にいただく)とSさんが、「ホタルの里の展覧会」の展示物を引き取りに来館。
昼頃、中国大使館のOさんが来館。9月2日から18日まで開かれる北京・中国美術館の国際美術展に『原爆の図』から4点(『幽霊』『火』『救出』『署名』)を出品したいとのことで、条件交渉のための来館。まだ正式決定ではないが、展示のため中国出張の可能性もあり。

ボランティア
東松山市内の女子高生2人から8月6日のボランティアを希望する電話があった。高校の先生がチラシを配って下さったとのこと。たいへんありがたい。2人とも快活そうな子。前日の午前中に一度来てもらって、打ち合わせなどをする予定。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ