2014/8/28

M中学校での《原爆の図》出張授業  講演・発表

朝一番に、事務局のYさんとともに、《原爆の図》の原寸大複製画3部作を携えて、埼玉県内のM中学校へ出張授業に行きました。

M中学校は昨日から2学期が始まっています。
夏休みのあいだに平和に関するレポートが宿題として課されていたそうで、今回は、そのまとめとして、《原爆の図》を全校生徒が鑑賞するという試み。

クリックすると元のサイズで表示します

さっそく、体育館の壁に、軸装されている《原爆の図》3部作を並べていきました。
先生方もたくさん協力して下さって、無事に、縦1.8m、横7.2mの壁画が3点できました。

クリックすると元のサイズで表示します

ふだんの展示室ではとても大きく見える《原爆の図》ですが、体育館はとても広いので、いつもと違った印象です。

ちょうど展示が終わった頃、全校生徒300人が入場してきました。
まずは絵の前で丸木夫妻と《原爆の図》の説明を20分ほど行いました。
特に、3部作が目の前にあるので、それぞれの作品の見どころを、ちょっと鑑賞の手助けのつもりでお話ししました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあとは、3学年に分かれて、1作品ずつ順番に鑑賞。
皆さんワイワイと賑やかに、それでも、じっくりと絵を隅々まで観る子や無言になる子など、絵に引き込まれていく様子が見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

1950年代に、《原爆の図》が日本全国を巡回したときは、こんな感じだったのかな……と、ふと思いました。
今でも丸木美術館には「私が学生のとき、学校の体育館に展示された《原爆の図》を見たんですよ」と、懐かしそうに言いながら、訪ねて下さる方がいらっしゃいます。
今日初めて絵を観た中学生の心にも、《原爆の図》がしっかり焼き付くといいですね。
お世話になった校長先生はじめ、M中学校の皆さまに御礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ