2014/5/22

NHK総合テレビにてピーター・カズニック来館のニュース放送  TV・ラジオ放送

今日は午前中、アメリカン大学の歴史学者ピーター・カズニック教授夫妻らが来館、《原爆の図》などの展示を、丁寧に時間をかけて鑑賞されました。

クリックすると元のサイズで表示します

ひとつひとつの作品の前で、描かれた時代背景や米軍占領下の巡回展などについて解説を行ったのですが、非常に熱心に話を聞いて下さり、たくさんの質問をされるなど、丸木夫妻の仕事に大いに関心を示された様子でした。

クリックすると元のサイズで表示します

NHK社会部の撮影スタッフが取材に訪れ、カズニックさんへのインタビューも収録されました。
その様子は、午後6時10分からの総合テレビ「首都圏ネットワーク」のなかで、1分23秒という短い時間でしたが放送されました。

こちらのWEBサイトから動画を視聴できます(おそらく数日間限定公開)。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140522/k10014645251000.html

以下に、放送の内容を書き出します。

==========

〈スタジオ〉

テロップ:埼玉 東松山 米の歴史学者「原爆の図」美術館訪れる

田中洋行アナウンサー:原爆投下に疑問を投げかける映画を、オリバー・ストーン監督とともに制作したアメリカの歴史学者が、原爆被害の絵が展示されている埼玉の美術館を訪れ、過ちを繰り返さないために私たちは歴史から学ばなければならないと訴えました。

〈丸木美術館の外観映像〉

田中アナ:埼玉県東松山市にある原爆の図丸木美術館を訪れたのは、アメリカ人で歴史学者のピーター・カズニックさんです。

〈《原爆の図》を鑑賞するカズニックさんの映像〉

田中アナ:この美術館には、画家の丸木位里と俊夫妻が、原爆投下後の広島の惨状を描いた作品《原爆の図》が展示され、カズニックさんは当時の状況などについて、学芸員に質問したり、作品を写真に収めたりしていました。

テロップ:ピータ・カズニックさん おととし共同で原爆投下に疑問投げかける映画「もうひとつのアメリカ史」を制作

田中アナ:カズニックさんは、一昨年、オリバー・ストーン監督と共同でアメリカによる原爆投下に疑問を投げかける映画『もうひとつのアメリカ史』を制作し、大きな話題になりました。

〈カズニックさんへのインタビュー映像〉

テロップ:広島と長崎で何が起きたのか 多くの国の若者たちの記憶の風化が進んでいるが
過ちを繰り返さないためにも 歴史から学ばなくてはならない
実際に起きたことを力強く表現した 丸木夫妻の作品を見ることが大切


==========

もちろん、放送された内容はごく一部で、実際には安倍政権に対する厳しい批判などもカメラの前で語られていたのですが、ともあれ、現在の難しい社会状況のなかで、こうした話題を取材して下さった政治部のスタッフの方々に心から敬意を表します。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ