2014/3/7

「田島和子展 イノチノユクエ」  他館企画など

夕方、銀座の中和ギャラリーへ「田島和子展 イノチノユクエ」(3月3日〜8日)を観に行きました。
田島さんは、銀林美恵子さんの教え子で、丸木俊さんの女子美術の後輩という縁もあり、丸木美術館の評議員を務めてくださっています。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の展覧会は、田島さんらしい静謐で繊細な作品ですが、「人類だけがこの世の中心ではない」ことを考えさせる、原発事故後の世界を提示する内容です。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は、《イノチノキオク》。

土や種子など、生命の循環を感じさせる素材を使った作品も多くありました。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は、《遠い日、野あざみの野で》。

ひっそりとした詩のような、しかし、芯に強靭な思いを秘めたような、とても良い展示でした。

   *   *   *

その後は、神保町の岩波書店で待ち合わせ、『非核芸術案内』でお世話になった編集者Yさんと近現代史研究者Kさんとともに、近くのお店で出版の打ち上げ。
お世話になったお二人に、心から感謝です。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ