2014/1/14

『日刊ゲンダイ』に『非核芸術案内』書評掲載  掲載雑誌・新聞

『日刊ゲンダイ』に、“生き残るためにこそ読む本”との見出しで、政治学者の五野井郁夫さんによる『非核芸術案内』の書評が掲載されました。
記事の全文は、以下のWEBサイトで読むことができます。
http://ch.nicovideo.jp/nk-gendai/blomaga/ar433444

==========

 昨年末、政府与党は今後のエネルギー基本計画で、原子力発電を「引き続き活用していく重要なベース電源」と明言した。民意に応えて前政権時代に決定されたはずの「原発ゼロ」政策は、白紙撤回されたも同然だ。福島第1原発事故は現在でも収束せず、避難地域の住民には日常生活がまだ戻っていないことなど、忘れてしまえと政府は言わんばかりである。

 こうしたなか、本書は「広島・長崎から福島まで」の「非核芸術」の系譜を示すことで、この政府主導の心ない忘却にあらがう。


==========

このような書き出しではじまる文章は、丁寧かつ簡潔に『非核芸術案内』の内容を紹介して下さっています。
《無主物》の作者「壷井明」が「坪井直」に、《サン・チャイルド》の設置場所「福島空港」が「福岡空港」に誤記されている点は、少々残念ではありますが・・・・・・。
ご紹介くださった五野井郁夫さんには、心から御礼を申し上げます。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ