2006/1/27

再生プロジェクト準備・館内説明など  その他

午前中、N事務局長から1月22日に行われた総務委員会の報告を受ける。「すべてを報告すると大変な時間がかかるし、頭の中でまだ整理しきれていないので、簡潔に報告する」とのことで、予算案の変更を中心にした要点のみの報告。新しい大型駐車場の話がどうやら進みそうなので一安心。
明後日に迫った再生プロジェクト会議の資料を作成し、議長のT理事に送付。Y子さんがまとめてくれた報告によると、12月末日現在で緊急支援カンパの総額は2000万円を超えたとのこと。その他、支援芸術祭や友の会再編に関する資料を揃える。

午後、川越市民見学会14名のグループが来館。「原爆の図」の前で館内説明を行う。説明の後、「暖房が入っていないのは意味があるのですか」という質問を受けた。この質問は夏と冬に多い。もちろん運営費の問題もあるのだけど、なるべく電気を使わずに自然のままに生きるという丸木夫妻のメッセージでもある。そう答えると、多くの方は納得して下さる。小高文庫の空間や、都幾川の流れに心を和ませる方も多く見られた。
神宮寺のTさんから電話があり、かねてからお願いしていた5月の対談の件、どうやら実現の方向に向かう様子。日程面の調整も含め、近日中に決定できそうな見通し。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ