2013/3/27

美術館ニュース第113号入稿  美術館ニュース

毎度のことではあるのですが、今回もバタバタとS印刷さんに『丸木美術館ニュース』第113号を入稿しました。
発送作業は4月6日(土)。ボランティア募集中です!
丸木美術館の桜も少しずつ花が開きはじめました。ニュース発送の頃に満開だといいのですが。
今回の表紙の絵は、春らしく丸木俊の《12のつきのおくりもの》から、3月のおくりもの、すみれつみの場面です。鵜飼哲さんの原稿、そして安藤栄作さんや壺井明さんの文章も読みごたえがあります。
以下に、ニュースの目次を紹介いたします。

===

丸木美術館ニュース第112号(発行部数2,500部)

クリックすると元のサイズで表示します

〈主な記事〉
5月5日開館記念日のご案内 …… p.2
開館記念日出演者紹介 高橋哲哉さん、豊田勇造さん …… p.3
作品がみつめる世界―二つの巡回展の経験から (鵜飼 哲) …… p.4,5
「丸木美術館クラブ・工作教室10年展」を終えて (万年山 えつ子) …… p.5
札幌で丸木俊生誕百年記念展―「女絵かき」ふるさとに帰る― (清水 眞知子) …… p.6
「安藤栄作展」によせて 光のさなぎたち (安藤 栄作) …… p.7
連載 丸木位里・丸木俊の時代〈第14回〉 女子美術の指導教員/山代巴との出会い/秋香会の仲間たち (岡村 幸宣) …… p.8,9
美術館の日常から (中野 京子) …… p.10
丸木美術館情報ページ …… p.11
リレー・エッセイ 第45回 (壷井 明) …… p.12

===

さて、明日からは、しばらく休暇を頂いて、若き日の丸木俊が訪れた「南洋群島」―パラオへ調査を兼ねて旅行に行ってきます。
次に丸木美術館に出勤するのは4月3日(水)の予定です。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ