2012/12/19

『朝日新聞』に本橋成一写真展「屠場」紹介  掲載雑誌・新聞

2012年12月19日付『朝日新聞』夕刊文化欄に、“被写体との接近と隔たり”との見出しで、北井一夫「いつか見た風景」(東京都写真美術館)とともに丸木美術館で開催中の本橋成一写真展「屠場」が紹介されました。
http://www.asahi.com/news/intro/TKY201212190616.html?id1=3&id2=cabcbcca
(全文をご覧になるには無料のデジタル会員登録が必要です)

取材をして下さったのは、文化部の西岡一正記者。
以下、記事から「屠場」についての紹介部分の抜粋です。

==========

……「屠場」の被写体は大阪の食肉処理場で働く人々。80年代半ばに撮影した写真を中心に構成する。撮影者は、炭鉱の閉山が進む60年代の筑豊や、86年の原発事故で汚染されたチェルノブイリ周辺の村の写真で知られる本橋成一。この撮影では、偏見にさらされがちな営みの現場に自らの身を投じた。

 とはいえ声高な社会派の写真ではない。本橋がまなざしを向けるのは、特殊なピストルで牛を気絶させる技術員の厳粛な表情であり、ナイフを研ぐ職人の誇り高い手業であり、解体作業にいそしむ男たち女たちの笑顔である。一言でいえば、日々「いのち」そのものに向かい合う人々の姿となろうか。

 二人の写真は、実はもう一つの「距離」を浮かび上がらせている。被写体と現代の私たち、とりわけ都市生活者との間に横たわる「距離」だ。時代の変化が背後にあるとはいえ、彼我の「生のかたち」の隔たりに呆然とさせられる。


==========

「屠場」展、本当に見応えのある写真ですので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。
わざわざ足を運んで下さった西岡記者に、心から御礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ