2011/7/24

絵本づくりワークショップ「○△□で描くワタシの絵本」  ワークショップ

午後2時から、企画展「丸木位里・丸木俊 絵本原画展」の関連企画として、絵本づくりワークショップ「○△□で描くワタシの絵本」が行われました。
講師は画家の奈良幸琥さんです。

事務局長Nさんの「夏休みに絵本づくりのワークショップをやりたい!」という発案で、今年が初めての試みとなった絵本づくり。
どれだけ多くの子どもたちが参加してくれるのか、少々不安もありましたが、F市のボーイスカウトがグループで参加してくださったので、とても賑やかな楽しい会になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは奈良さんからの説明があり、画用紙や両面テープを使って絵本を貼り合わせます。
そして、真っ白なページに、「○」と「△」と「□」を使って、まず、「自分の顔」を描くのです。
「まる、さんかく、しかくしか使っちゃいけませーん!」と言う奈良さんに、子どもたちは「えーっ!!」「むずかしい」と悩みながらも、ペンを手にとります。

クリックすると元のサイズで表示します

あまり自分の顔に似せようと思うと、かえってうまく描けないようです。
発想を変えて、大胆にかたちを組み合わせていくと、面白い「顔」ができあがりました。

クリックすると元のサイズで表示します

次のページには、「未来の自分の顔」。そして「笑った顔」、「怒った顔」……。
子どもたちは、それぞれの作品を見て大きな声で笑いながら、楽しい時間を過ごしたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

最年少の参加者、幼稚園年長組の男の子も、お父さん、お母さんといっしょに楽しく絵本づくりに挑戦していました。

クリックすると元のサイズで表示します

絵本づくりワークショップは大成功。
講師の奈良さん、それからお手伝いをしてくれたボランティアのKさん、学芸員実習生のMくん(今日から実習がはじまりました)、どうもありがとうございました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ