2010/10/30

美術館クラブ「ゆかいな木にゆかいな色をぬるぞ」  ワークショップ

毎月恒例の丸木美術館クラブ工作教室。
今回は、台風が接近中ということで、雨が降り続けるあいにくの天気となりましたが、木工作家の遠山昭雄さんをゲストにお迎えして、「ゆかいな木にゆかいな色をぬるぞ」というテーマで行いました。参加者は10人ほど。
輪切りにした樹の幹の断面部分にやすりがけをして、マジックで絵を描くという内容でした。

クリックすると元のサイズで表示します

やすりがけの作業は、なぜか小さな子どもたちが気に入って、丹念に繰り返していました。

クリックすると元のサイズで表示します

断面がすべすべになったところで、絵を描きます。
家の表札を書いている人もいます。
木のかたちや年輪の模様を生かして、リスの絵を描いている人もいます。
予想外の作品ができるところが、とても面白いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

   *   *   *

次回は11月21日午後2時から、画家の谷口幹郎さんによる「切手で楽しいアートをしようよ」という内容で行います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ