2010/3/30

谷英美さん来館  来客・取材

次回企画展「OKINAWA つなぎとめる記憶のために」の記念企画に出演して下さる、アローンシアターの谷英美さんと、事務局のSさんが来館されました。

クリックすると元のサイズで表示します

谷さんは、金子みすゞの生涯を題材にしたひとり芝居「空のかあさま」をライフワークとされ、全国各地で公演を行っています。また、沖縄の集団自決で自らの子を手にかけた母親の言葉の朗読「ウンジュよ」や、原爆を描いた井上ひさしの戯曲「父と暮せば」なども行っています。

今回の企画では、沖縄での組織戦が終結した“慰霊の日”(6月23日)に近い週末の6月26日(土)午後2時から、谷さんに丸木夫妻の絵本「おきなわ島のこえ」と「ウンジュよ」の朗読をして頂く予定です。
実は、今回沖縄の佐喜眞美術館からはるばるやってくる作品のなかに、谷さんととても親交が深かったという故・近田洋一さんの《HENOKO 家族の肖像》という作品があるのです。
谷さんは、「ウンジュよ」はぜひその《HENOKO 家族の肖像》の前で朗読をしたいと計画されています。非常に思いの強く込められた舞台になりそうです。
また、今回展示する「おきなわ島のこえ」絵本原画も、谷さんの朗読の構想に合わせて6点の原画を選びました。
こうした細かい仕掛けが、公演のときにどんな効果を発揮するのか、とても楽しみ。
見逃せない舞台となりそうです。
ぜひ皆さま、6月26日は丸木美術館にお越しください。
0



2012/5/11  2:06

投稿者:谷 英美

丸木美術館の理事さんが、私の地元・蓮馨寺でや、っている「みすゞ塾」に入って下さっているご縁で、丸木美術館さんにも陸前高田へのご支援をいただき、心より感謝を申し上げます。
またこの2012年9月15日(土)午後、陸前高田市竹駒町定住促進センターにて「父と暮せば」上演いたします。『アローン・シアター』のボランティア公演なので、無料です。ふるって、ご参加下さいませ!

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~apro/

2010/4/7  13:53

投稿者:佐藤 満也

先日は大変お世話になりありがとうございました。
4月8日の所沢、澤地さんの講演会でも丸木美術館での朗読会のチラシ900枚ほど織り込ませていただくようにお願いしたのですが5月9日14:00と18:00の東松山市民活動センターでの「いのちの山河」という映画会にもお願いしようと思っています。すでに対応されているかもしれませんが同じ様な内容ですので一緒に織り込みをお願いできればと思います。東松山の責任者の馬場様にお伺いを立てているところですが許可が出ましたらどうぞよろしくお願いします。 
     アローン・シアター 事務局 佐藤


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ