2010/2/28

北海道新聞「編集委員報告」掲載  掲載雑誌・新聞

2010年2月27日『北海道新聞』夕刊に、K編集委員による報告記事「故丸木夫妻の「原爆の図」 占領下の巡回展どう開催 調査進める美術館」が掲載されました。

クリックすると元のサイズで表示します

この学芸員日誌でもたびたび紹介している、1951年から52年にかけて北海道各地を巡回した「原爆の図展」の調査に関する内容です。
《原爆の図》初公開の後、都内数か所で展示して、広島から本格的な全国巡回展が始まったこと。当時はGHQによるプレスコードがあったが、印刷物ではない芸術品であることが公開を可能にしたこと。主催者は記録を残さず開催の足どりがわからないように工夫していたため、巡回展の関連資料が乏しいことなどが紹介されています。

美唄市在住の歴史研究家Sさんの、「当時、一般市民にとって原爆の恐ろしさを目の当たりにできる機会は原爆の図の巡回展以外になかったのではないか。大勢の人々が衝撃、感銘を共有した。占領下の巡回展の全容を明らかにすることは、その後の日本の平和運動の流れを考える上で意義のあることで、核兵器廃絶への関心をあらためて呼び起こす契機となる」というコメントも紹介され、巡回展の情報提供を呼びかけています。

さっそく、記事をご覧になった方から、美唄の「原爆展」について証言が寄せられています。
北海道に限らず、まだ記録が発掘されていない展覧会は、全国にたくさん存在しているはず。
今回の記事が契機となって、1950年代「原爆展」調査に、新たな展開が生まれることを期待しています。
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ