2010/1/20

埼玉新聞「没後10年 丸木俊展」掲載  掲載雑誌・新聞

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

本日の『埼玉新聞』県西版に「俊さんの画業再び」との見出しで、「没後10年 丸木俊展」がカラー写真入りで紹介されました。
http://www.saitama-np.co.jp/news01/20/04.html

今展で初公開となる《女性像》(1935年頃)と《モスクワ アパートへ向かう並木道》(1937年頃)の俊さんの20代の頃の作品2点について「学校を卒業したころの若き日の作風を伝える貴重な作品」と紹介されています。
写真に大きく写っているのは晩年の作品《つつじのむすめ》と《飛天》で、俊さんと交流のあった東久留米市在住の歌人のKさんの所蔵作品です。

『埼玉新聞』の同ページ情報欄には23日(土)午後1時から行われる映画上映会「山のかなた」の情報も掲載され、1面の新聞ロゴ下のインデックス欄にも丸木俊展記事の見出しが紹介されるなど、今回はかなり注目度の高い扱いになっていました。
取材して下さったA記者、どうもありがとうございます。

連日の寒さで館内はかなり冷え込んでいますが、このところの報道効果か、今日も多くの方が来館して下さっています。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ