2009/12/26

美術館ニュース第100号!  美術館ニュース

企画展の展示が終わると、今度は美術館ニュースの編集作業。
年末はあっという間に毎日が過ぎていきます。
今回の美術館ニュースは、創刊以来第100号となる記念の号です。
本日、ようやく編集作業が終了しました。週明けにボランティア新聞第12号とともにS印刷さんに入稿し、発送するのは年を越してからになります。

今号は、「100号記念特集」と題して、写真で振り返る丸木美術館の歩みを特集しています。写真を選んでくれたのは、事務局のNさんとY子さんです。
また、連載「丸木位里・丸木俊の時代」では、俊さんが生まれた1912年をテーマにして記事を書きました。
表紙の絵も、南洋をモチーフにした若いころの俊さんの絵本原画です。
日本人の少年と南洋の少年が仲良く肩を組んでいる絵は、描かれた当時は日本の植民支配を正当化する目的で読まれていた部分もあるのでしょうが、後年に俊さんが描いた「肌の色は違っても、世界の子どもは皆兄弟」というテーマに通じるものがあり、個人的に好きな作品です。

納品予定日は1月8日(金)。ニュース発送作業は1月9日(土)です。
ニュース発送ボランティア募集中!!

美術館ニュースとボランティア新聞の内容は以下の通りです。

===

丸木美術館ニュース第99号(発行部数3,200部)

クリックすると元のサイズで表示します

〈主な記事〉
表紙の絵 赤松俊子《ヤシノ木ノ下》(未使用原画) …… p.1
丸木美術館ニュース100号記念特集 写真で振り返る丸木美術館の歩み …… p.2,3
「中村正義展」丸木美術館。思い出すこと。 (中村 倫子) …… p.4
武重邦夫監督講演/一人芝居「天の魚」公演/今日の反核反戦展報告……p.5
足尾鉱毒事件と田中正造ゆかりの地を歩く 参加者報告 …… p.6
第五福竜丸から丸木美術館を訪ねて (遠藤 昌樹) …… p.7
連載 丸木位里・丸木俊の時代 〈第2回〉 (岡村 幸宣) …… p.8,9
美術館の日常から (中野 京子) …… p.10
丸木美術館情報ページ……p.11
リレー・エッセイ 第32回 (ダニー・ネフセタイ) …… p.12

===

ボランティア新聞第12号(発行部数2,700部)

編集・発行=神田成美、満園節子、山口和彦

〔連載〕丸木の人々 「丸木を包む風景が好き」両岡健太さん
〔特集〕ボランティア交流会A第五福竜丸展示館
小高文庫便り5(満園節子)

===

友の会会員の皆さまのお手許には1月中旬に届くことと思います。
どうぞご期待下さい。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ