2005/10/30

企画展展示替  ボランティア

「没後10年丸木位里展」の展示替え。ボランティアにDさんとNくん、川越のS評議員が来て下さる。丸木位里の大きな作品(主に屏風絵)を壁に固定し、神宮寺の襖絵《涅槃図》を展示する。《三陸》、《伯耆大山》、《牡丹》などの代表的な水墨画に囲まれた《涅槃図》は、その軽やかな色彩で会場のアクセントになっている。この襖絵はおそらくほとんど俊さんが描いたのだろうが、位里さんの重厚な水墨画との対比が鮮やかである。
「やはり、位里さんの作品はいいね。今回の企画も見ごたえがある。多くの人に見てもらいたいね」とN事務局長。
ぜひ皆さん、ご覧ください!
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ