2009/10/21

自然食通信社訪問/川越スカラ座ボランティア  ボランティア

いつも丸木美術館でボランティアの皆さまに支えられている立場の私ですが、昨年から地元の川越でNPOの運営する映画館・川越スカラ座でボランティアの仕事をさせてもらっています。
仕事の内容は主にポスター貼りや看板作り・ペンキ塗りなどの身体を使う作業。
体験上、ボランティアは知恵を出すより身体を使う方が現場にとってはありがたいというのをよく知っているので、できるだけ“誰でもできるけれども、手が足りない”という仕事を手伝うように心がけています。もっとも、これは地元ボランティアのK林(T)さんの受け売り。
たまには立場を変えてみるのも、いろいろ新鮮な発見があり、精神的にも良いようです。

時には、丸木美術館で蓄積された人間関係や経験が、川越スカラ座の仕事に役立つこともあります。
今年の8月に行われたイベント「おすぎのシネマトーク」では、以前、丸木美術館で永六輔さんと神宮寺住職のTさんの対談イベントを行った経験が役に立ち(おすぎさんはお二人と深い親交があるのです)、司会を務めさせて頂きました。

   *   *   *

そして、今回。
11月1日から13日まで川越スカラ座では、『未来の食卓』というフランス映画を上映します。
学校給食のオーガニック化に取り組む南フランスの小さな村の活動を追った食育・環境ドキュメンタリー映画です。
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

その上映に関連するトークイベントを企画したいという相談をスタッフから受け、丸木美術館の関係者に当たってみたところ、俊さんの姪で絵本作家のH子さんから、自然食通信社の横山さんを紹介されました。H子さんは以前から、自然食通信社の発行している雑誌や書籍に、たくさんのイラストを描いているのです。

さっそく川越スカラ座のスタッフに紹介したところ、11月3日(月・祝)午後3時から、横山さんと自然農を実践されている生産者農家の方の対談が実現することになりました。

そういうわけで今日は、丸木美術館の仕事をお休みさせてもらって、川越スカラ座支配人のF橋さん、スタッフのI島さんといっしょに、本郷三丁目にある自然食通信社にご挨拶に訪れました。
温かく迎えて下さった横山さん。なんとお昼ごはんにお手製のオーガニック料理を御馳走して下さいました。とても美味しかったです!

クリックすると元のサイズで表示します

   *   *   *

実は、11月31日(土)に丸木美術館で開催する中村正義展の関連イベントで講演して下さる映画監督・プロデューサーの武重邦夫さんに初めてお会いしたのも、川越スカラ座で行われた『いのちの作法』初日舞台挨拶でのことでした。
丸木美術館の経験を川越スカラ座で生かし、川越スカラ座での出会いを丸木美術館に生かし。
これからも、地域のなかで生かし生かされながら、さまざまな活動を続けていきたいと思います。
2



2009/10/23  10:24

投稿者:okamura

>きんやさま

コメントありがとうございます。
長い間、丸木美術館を応援して下さっているのですね。どうもありがとうございます。

小津特集、前売券は即日完売と大好評でした。
もちろん当日券もありますので、お時間がありましたらぜひお運び下さい。
きっとたいへん活気のあるスカラ座をご覧頂けると思いますよ。

2009/10/23  1:21

投稿者:きんや

友の会の創設以来の会員です。

川越の方でしたか・・・

かみさんが川越出身でスカラ座は気になっていました。
今月末にには、小津特集のようですね。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ