2005/10/21

館内説明・Tさん来客  来客・取材

午前中、東京都千代田区の私立女子中学校237人の団体が来館。新館ホールにて館内説明を行う。毎年来館してくれる中学校だが、いつもたいへん集中して説明を聞いてくれる。今年も、ひとつの部屋に200人以上の中学生がいるとは思えないほど静かに、しかし熱意を持って話を聞いてくれたので、たいへん説明がしやすかった。館内の作品も熱心に見てくれた様子。

   *   *   *

以前丸木美術館でアルバイトをしていて、現在はカナダ在住の版画家T口A子さんが久しぶりに来館。お連れ合いのカナダ人Sさんの版画展が11月5日(土)まで浦和の柳沢画廊で開催中とのこと。

   *   *   *

今回のニュースは、中国美術館での展覧会と銀座松坂屋の丸木スマ展の報告が大きな目玉になる。それに「没後10年丸木位里展」の特集、日韓五世代展の報告など。
表紙の絵は位里さんが中国を描いた水墨画《洞庭湖》(先日寄贈されたばかりの作品)を選んだ。表紙の文章も、位里さんが中国を訪れたときの滞在記から抜粋。また、「表紙の絵」の解説欄で、丸木夫妻と中国との関わりを簡単に紹介する予定。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ