2008/12/13

「こどものとも」と埼玉の絵本作家  館外展・関連企画

昨日、さいたま文学館のD学芸員が来館され、来年4月25日(土)から6月7日(日)までさいたま文学館で開催予定の企画展「『こどものとも』と埼玉の絵本作家」に、丸木俊(赤松俊子)の『そりにのって』(1961年)、『どんぶらこっこ すっこっこ』(1999年)の絵本原画を出品することになりました。
この展覧会は、1956年4月に創刊された福音館書店の月刊絵本『こどものとも』に関わった埼玉県内出身・在住などの作家(丸木夫妻はじめ、瀬田貞二、石井桃子、大道あやら)の作品を紹介する企画です。

5月中旬には、丸木俊の姪のひさ子さんと岡村が同館文学ホールにて講演を行うことになりそうです。詳しくは後日ご紹介いたします。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ