源流親爺の釣り日記

主に群馬県内の源流部を徘徊しております。
美しい渓流を少しでも記録に残したいと、
始めて見ました「ブログ」。
私の心の日記には丁度良い操作手順です。
この小渓釣行を通りすがりに「こういうのも
有るんだ」と思って頂ければ幸いです。byクラ since2004.09

 
*上流域へ出向く時は発煙筒を携帯しよう。 【水産資源保護員徒然日記】
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クラ親爺
>きゃとさん、ようこそいらっしゃいました。
拝見して頂いてありがとうございます。
拙きHPですが今後とも宜しくお願い致しますネ^^
私と同じ小渓狙いの様ですね、まさかと思おうような場所で釣れたり
した時は楽しいですよね、とても良く分かります。
そのようなお仲間がいまして大変嬉しいです。
書き込みは掲示板でも何処でも構いません。
是非気楽に遊びにいらして下さい、お待ちしています。
投稿者:きゃと
クラさんはじめまして^^
いつも楽しく観させていただいてます。
S市に住み群馬のこんな所いないだろうという沢を探してやまめ、岩魚釣りを楽しんでいる41歳です。
時々遊びにきますのでよろしくおねがいします。
投稿者:クラ親爺
>自由人さん、いらっしゃい〜^^
釣り人の心情は誰でもがやはり沢山釣りたいと思います。
その為の遊魚券ですので、ルール以内の釣果に気兼ねなくまた遠慮することなく
食して良いのですヨ、私はそう思っています。
何が何でもリリースと言う釣りならそれはそれなりに楽しんで頂ければ
良いと思います、楽しむ為の趣味ですものね^^
昨年の苦い思い出になら無いように今度は吟味致しますネ。
是非楽しみにしていて下さい。
投稿者:自由人
まぁ、俺もたくさん釣りたい人間ですからねぇ。
釣ったからには食いますけどね!
ああ、今度こそ岩魚が食いたいなぁ(−¬ー)
楽しみにしてますよ!

http://a-l-a.hp.infoseek.co.jp/index.html
投稿者:クラ親爺
>自由人さん、お久です〜^^
魚の死骸もまた魚の餌に成ってくれれば問題ありませんネ。
多すぎても困りますが、その実態を作っているのが我々人間ですよね。
やはり渓魚のように釣れ過ぎないくらいが兆度良いのかな〜。
眺めているだけでも楽しいですネ、稀に大物が泳いでいるとドキドキします。
そろそろ色々なHPで解禁の話題に移ってきました、暖かく成ったら
またあの素晴らしい渓相を見に行こうでは有りませんか。
投稿者:自由人
かな〜り、お久しぶりです(^^)/
魚を見て楽しむってのはいいですよねぇ。
夏の海浜公園辺りで釣りなんかやってると、
あまりに釣れすぎるので波打ち際には
魚の死骸が押し寄せています。
アレを見ていると『こんなもんなのか』と
疑問を持つこともなくなります。

まぁ、やってる事の本質は変らないんでしょうけど、
心の中身は異質なものになってるんでしょうかねぇ。

あ〜釣り行きてぇ!!

http://a-l-a.hp.infoseek.co.jp/index.html
投稿者:クラ親爺
>その通りですね杣女爺さん。
私は竿を携えてい無い時は嬉しい光景にあたります。
やはり彼らも弁えてくれているのでしょうか(笑)
あの光景に暫し見惚れ岩魚の何処に魅力があるのか考えていましたが、
答えは一言で、「素晴らしい魚」でした。
このまま現状を留めこれからも末永く生き続けて欲しいものですネ。
出かけた甲斐が有りました。
投稿者:杣女爺
素晴らしい光景に出会えましたね。
“私達は、こうして生きているんですヨ”と云っているようですね、人が脅かすことさえしなければ…。
何時までもこうあって欲しいものです。
投稿者:クラ親爺
>オー!腕ちゃんが先に入っていた!
腕ちゃん、ヘボではありませんよ、それは同行した私が一番良く
知っていますから、それもあれだけ岩魚の事を勉強して臨んでいるのです、
間違い無く一人前の渓流釣り人です(太鼓判)
密漁にも困ったものですね、どの渓に行っても必ずいるんですよ馬鹿者が。
自己満足も甚だしいですよね、ルールとマナーとモラルを持って臨めば
今の渓も素晴らしい渓に変貌して楽しい釣りが出来る様に成ると言う事が
分からないのでしょうか、分かっていたらこんな事には成らないかー...
投稿者:クラ親爺
>渓遊人さん、私に出来ることは産卵床造りと思います。
人工孵化などは時間とノウハウに難が有ります、移植放流は
私の避けて通る行為ですので、自ずから産卵床造りに成ってしまいます。
この小さな沢は全長2kmほどで、その内の1.5kmが棲息範囲に成ります。
源頭部0.5kmは水脈の寄り合いでその後に水線を為しています。
望む事はこの状態の維持と繁殖になりますが、この沢固有の種の保存を
特に考えています、そうなりますと産卵床造りのお力を借りなければ
成りません、これから少しづつお聞きしたいと思いますので、
その時はメールにて窺わさせて頂きます。
1|2

03年クラ親爺51歳の時

    クラ親爺です、もしこのブログがお目に 止まったなら、お気軽に感じたままの ご意見をお寄せ下さいませ、 宜しくお願い致します。 「残せ渓魚、残すなゴミを」

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ