源流親爺の釣り日記

主に群馬県内の源流部を徘徊しております。
美しい渓流を少しでも記録に残したいと、
始めて見ました「ブログ」。
私の心の日記には丁度良い操作手順です。
この小渓釣行を通りすがりに「こういうのも
有るんだ」と思って頂ければ幸いです。byクラ since2004.09

 
*上流域へ出向く時は発煙筒を携帯しよう。 【水産資源保護員徒然日記】
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クラ親爺
>自由人さん、私も食べた事有りません。
話の種に一度位は食べないと様に成りませんかね。

良く山でハンターの方と合いますが、皆さん熊やイノシシの牙を下げていますよ、かっけぇですか(笑)
山で食べるとどんな物でも美味く感じるのは私だけ...(だいた風)
即席ラーメンなどはノビナイどころか固い内から食べてしまう有り様です、それでも美味いのは空気のお陰ですね。
愛用の『エモノ』ですか、此れも楽しみの一つですね、何かナ〜。


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
熊鍋・・・食べたことないんですよねぇ(−−)
牙のネックレスとかかっけぇなぁ・・・。
愛用の『エモノ』を持って馳せ参じまする!
投稿者:クラ親爺
>自由人さん、了解致しました。
それではそう言う事で詰めましょうネ。

コーヒーはブラックでしょう最高ですよ、まぁ人其々ですから押し付けは行けませんネ。
源流の水で落したコーヒーは絶品です、一人の時は辺りをキョロキョロ見廻しながら飲んでます、この香りにつられて熊でも寄って来ないか心配なもので(笑)

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
砂糖5つでお願いします(笑)
ブラック飲めないので(^^;)

ひたすらインですねぇ。
つっても遊んではいるんですが・・・。
まだはっきりしませんが、
八月六日(土)は確実に空いてます!
いかがなモンでしょう?
まぁ、七月中旬頃に決めてしまえば俺は
融通ききますからそれまでに詰めてきましょう!

http://navy.ap.teacup.com/freelife/
投稿者:クラ親爺
>今晩は^^自由人さん。

そうですよインにこもっている事が多かった前半でしたから
そろそろ爆発しても良い時期ではないでしょうか。

自然は心を癒してくれますが、ルールを怠れば凶器にも
早代わりします、しかし素晴らしい所でしたヨ奥利根。
機会を合わせてその内出たいですね渓流に、自由人さんと
ノンビリ渓流の水で落したコーヒーなど飲みたいですヨ。




http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
あぁ、海が山が、俺を呼んでいる!
素晴らしい自然ですねぇ。
写真越しからでも伝わってきます。
あと少しがんばれば俺も行けるんだぁ!!!
投稿者:クラ親爺
>おちゃさん、毎度です〜。

私には本流です(笑)里山では川通しなどは殆ど無く、巻きさへ
上手く行けば源頭部まで行けるのですが、水量が〜!
でも何とか良型を皆でゲット出来て満足しています。

私などボート上では放心状態でした(汗)しかしあのお二方は
元気でした、見習わなければ行けませんネ。

おちゃさんも見事な魚体を釣上げてよかったですね。
大河ですから十分気を付けて遊んで下さい。


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:クラ親爺
>林さん、二日酔いご苦労様でした。

お蔭様で大自然を十二分に体験できました、林さん達の顔が
見えたときは流石にホットしました、雪代さえ納まっていたなら
3人とも清清しい顔で会えたと思います(笑)

サイズの違いを実感した今回の釣行でした、今の夢は
テン場を設けて深く入りたいと言う夢です。
雪代が納まりましたら是非ご一緒お願い致します。



http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:おちゃ
今回は奥利根源流と言うことですが、いつもクラさんが行ってる源流に比べるとスケールが大きく攻略が大変だったと思います。ポイントが多い分魚が分散しているので魚影が薄いと思います。
また人もそれなりに入っているでしょうからね。
どちらかと言うと本流に近い釣方になると思います。初挑戦で見事な岩魚をゲット出来ましたね!!流石です。
船と言えば私も日曜日は船の上でヘロヘロでした。
(^^ゞ
ボートに乗ってるだけでも疲れますよね。
おつかれさまでした(^o^)
投稿者:
矢木沢の大自然を満喫できたようですね。
帰りが遅かったので心配になってみやさん号で迎えに行きましたが、クラさん達の疲れ果てた笑顔(笑)が見れて安心しました。
雪代ガンガンで遡行が大変だったようですが、大物にも挨拶を交わせて、なにかと思い出深い釣行になったようでなによりでした。
雪代が落ちたら、私も是非ご一緒させてください。

http://www015.upp.so-net.ne.jp/rosh/
1|2

03年クラ親爺51歳の時

    クラ親爺です、もしこのブログがお目に 止まったなら、お気軽に感じたままの ご意見をお寄せ下さいませ、 宜しくお願い致します。 「残せ渓魚、残すなゴミを」

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ