源流親爺の釣り日記

主に群馬県内の源流部を徘徊しております。
美しい渓流を少しでも記録に残したいと、
始めて見ました「ブログ」。
私の心の日記には丁度良い操作手順です。
この小渓釣行を通りすがりに「こういうのも
有るんだ」と思って頂ければ幸いです。byクラ since2004.09

 
*上流域へ出向く時は発煙筒を携帯しよう。 【水産資源保護員徒然日記】
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クラ親爺
>SINさん、おはようございます。

自分で事業をしている大変さは身を持って実感していますので、
良〜く分かります(笑)
私はこのブログに立ち寄って頂けるだけでも幸せですヨ。

ルアーも色々に試すのですね、やはりどんな釣法も考えて臨まないと釣果には結び付かないのですね。

私の出向ける所なら誰でも行けますよ、SINさんなら絶対に大丈夫です、とにかく歩く事が好きなだけです(笑)
是非足尾方面の某支流紹介して下さい、出かけて見たいです、宜しく。


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:SIN
クラさん、こんばんは。

最近は仕事が忙しく、釣行記は拝見させて貰ってるんですが、なかなかカキコする事ができません。申し訳無いですm(_ _)m
そんなモンだから・・・釣りに行っても『このルアーのフックはダメだったのに交換し忘れてる!』って事が多く、持参してるルアーの半分くらいしか使えない状況です(汗)

しかし・・・いっつもながら羨ましい釣果ですね〜^^
ササ濁りとはいえ・・・。
クラさんの体力だったら足尾方面の某支流で、イケそうですね。私じゃ無理ですけど・・・


http://sinminnow.fc2web.com/
投稿者:クラ親爺
>秩父の爺様、おはようございます。

「目呪い」と呼ぶのですか、名前は分かりませんでした。
アヤツは目の中を目掛けて飛んでくるので苦手です、やはりどの渓でも悩みの種ですか。
あの藪沢は特に魚影の濃い沢で細場ながらにして大物が潜んでいます、近場では貴重な沢です。

お茶請けなどとても嬉しい好意でした、こう言う事がとても嬉しい年齢に成ってきた自分には、本当に至福の一時でした。
爺様の復刻赤岩魚への思い、感心させられました。
浪漫の続きを楽しみにしております。


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:爺
蜘蛛の巣に目呪い(目に寄る小虫〜上州でもそう呼ぶのでしょうか)と、随分のヤブ沢のようですが山女魚から岩魚へと魚は濃いのですね。
最終落のお家、縁側でのお持て成しを受けて情景が目に見えるようです、親爺様のお人柄がそう成すのでしょうね。
投稿者:クラ親爺
>dai&yuuさん、こんにちは^^

お褒め頂きとっても嬉しいです〜、今日一日良い事が有りそうです。
そうですねー、最近は付き合いが難しく成ってきましたね ^^;
通りすがりにお茶など余り無くなりましたが、縁側でのお茶は久しぶりでした。
やはり憧れますよね、たとえそれが辛くても現実にならないから余計に夢を描いてしまうのはしょうがないでしょうネ。

一眼レフは山歩きでいじっていたのですが、デジカメは表現が
難しいです、徐々に自分の物に成ってくる事を願うばかりです。

しかし良い岩魚でしたネ〜dai&yuuさん、羨まピー!(^^)!

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:dai&yuu
おはようございます\(⌒▽⌒)/
毎日、クラさんのページの川のせせらぎと鳥の声に癒されています♪
人の温かみ...最近はなかなか感じる機会が少なくなってきていますよね!
悲しい世の中です(T〜T;)
そんな中、クラさんの経験を羨ましく思いました!
自然と隣り合わせの生活は、色々と苦労もあると思いますが、やはり憧れてしまいます。

写真は難しいですが、魚も木漏れ日も山も
どれも綺麗に撮れていますよヾ(≧▽≦)ノ

http://www.geocities.jp/rough_stream/
投稿者:クラ親爺
>自由人さん、毎度ですぅ^^

今回の釣りは濁りとラッキーが重なって釣果が伸びたようです。
釣り後の一時が最高でした、私もこの様な所に住んで見たいと思いましたが、それは考えが甘いですね。
ぬるま湯に浸かりきった生活に慣れている私には恐らく無理でしょうネ、時々に訪れるから素晴らしさも際立つのだと思います、山奥では強くなければ生きて行けません、遊びではなく生活が優先ですからね。

ブドウ虫は冷蔵庫で2〜3週間は持ちます、終いには黒ずんできますが、又それが食いが良いのです。
イクラは冷凍庫で1年は楽に持ちますが、流石にミミズを冷蔵庫に入れて置くと嫌がられます(笑)


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
採れたて野菜と川魚、そして自然の香り・・・。
あ、よだれ出てきた(*¬*)

川釣りしてたのはだいぶ前のことですが、
ブドウムシはいつも残ってましたねぇ。
海釣りでも餌はよく残るんですよ・・・。
もったいないもったいないと思いながら
放流しています。
えさ用の飼育水槽でも仕入れようか?
あんまり家に置きたくないですが(−−;)
投稿者:クラ親爺
>おちゃさん、いらっしゃいませ^^

私は遡行後の疲れた体にエネルギーを注いだようでした。
こちら方面に出向く時は、チョット足を延ばして挨拶に伺う様にしています。
つながりの大事さをつくづく感じさせられますが、海外ではそんな風には行かないのでしょうネ。
でも羨ましいナー、日本語以外の言葉が喋れて、私、横文字はPC用語以外分かりません(笑)

昨今は桃源郷を求めて遠征をしたり、奥へ奥へと行ったりしますが、
近場の里山でも負けず劣らぬ釣果を得る事が出来ると言うことを
今回は改めて感じました^^;おちゃさんもどうですか、来年、里山源流など。

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:クラ親爺
>林さんどうもです〜^^

早速に修正致しました m(_ _)m
全然気づきませんでした、有難うございました。
流石探求心の鋭い林さんですねー、隈無く見ていますねー。

今回は短い時間でしたが内容の濃い、ノンビリとした釣りが出来ました、蜘蛛の巣との格闘でしたが(汗)
林さんは渋かったようですが、既に充実の釣果を上げていますので
気持ちの切り替えもすみ、次後の釣行を模索中でしょうか。
本当に釣り後のお茶がたまらなく美味しかったです。


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
1|2

03年クラ親爺51歳の時

    クラ親爺です、もしこのブログがお目に 止まったなら、お気軽に感じたままの ご意見をお寄せ下さいませ、 宜しくお願い致します。 「残せ渓魚、残すなゴミを」

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ