源流親爺の釣り日記

主に群馬県内の源流部を徘徊しております。
美しい渓流を少しでも記録に残したいと、
始めて見ました「ブログ」。
私の心の日記には丁度良い操作手順です。
この小渓釣行を通りすがりに「こういうのも
有るんだ」と思って頂ければ幸いです。byクラ since2004.09

 
*上流域へ出向く時は発煙筒を携帯しよう。 【水産資源保護員徒然日記】
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クラ
>ラジャー、自由人さんも、お仲間ですネ^^

多分暖かく成った頃にはこちらまで出掛けられるでしょうネ。
丁度その頃にタラの芽とコシ油が採れると思います、とても美味しいですよね、山ワサビも捨てがたいナー。
両方共群生していますから、一本見つければその辺りで沢山採れる筈ですヨ。

ア”〜食べたくなりました、是非こちらに出向かれた時は釣り以外にもアウトドアを楽しみましょう^^


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
釣り馬鹿上等です\(^^)/

山菜、好きですよ〜(^^)
詳しくないですけど・・・。
今度そちらに行った時、
教えてくださいねぃ!

http://navy.ap.teacup.com/freelife/
投稿者:クラ
>細流さん、お互い釣り馬鹿加減の程度が露呈しましたね(爆)

私は2年前、現場に到着して約3時間位見つけ歩き廻りました、しかし川が見つからずやむなく地元の方に尋ねましたら、その川は砂防提に変身してしまったとかで虚しい思いをした事がありますが、今では笑い話です。
そんな行為が楽しくて止められないのですよね、不思議な趣味と言うかやはりお馬鹿なのでしょうか(笑)

又週末はノコノコと出かけてきますが釣れると良いな〜。

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:細流
確かに探して行った所で釣れると嬉しくて仕方ないですね。
逆に行ってみたら堰堤だらけだったとか、3面護岸だったとか・・・。
泣けそうな時も有りました。
禁漁期間にも良く探しに行きましたよ。
ほんとバカですねぇ。(笑)

http://keiyuutei.fc2web.com/
投稿者:クラ
>細流さん、拝見して来ましたよ、藪沢釣行記。

開けた藪沢ですが、あれでも初心者の方は枝掛りをして釣りにならないのでしょうね、私がそうでしたから(笑)
でも良い沢ですよ、あのような沢もだんだん少なく成ってきました、釣って見たら岩魚やアマゴが釣れたなんて最高ですよ、残して置きたいですねー(願い)

確かに想像するだけでワクワクするんです、次の年に行って爆釣などすると、もう狂喜乱舞の世界でした(馬鹿ですねー)



http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:細流
やっと4月2日の釣行記を載せました。^_^;
クラさんの行く所とはかなり違って楽です。
私も以前は地図の水線を見ては探しに行ったものです。
想像するだけでワクワクしました。

http://keiyuutei.fc2web.com/
投稿者:クラ
>自由人さん、海釣りも行けなくて辛いですね。

流石に春分が過ぎると気温が違いますね、このまま暖かく成ると良いですよね、それにしてもバイク遅いですナ。

自由人さんは山菜などは好きなのでしょうか、その内に芽が出始める季節に成りますが、私は釣り同様に山菜も摘みに出かけます。
山の幸は飽きる事無く色々なものが収穫出来ますので、釣りに行かなくても結構面白いです。
今年は天然ワサビのリクエストが多いので採りに行く予定です。


早く出かけらるように成ると良いですね、

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:自由人
サヨリの季節が終わらんうちに
房総の方に出かけたいんですよねぇ・・・。
家でグータラしてる休日はもう飽きましたよ。

釣り雑誌見て夢見てます!

http://navy.ap.teacup.com/freelife/
投稿者:クラ
>匡さん、PSです。
奥利根はまだパスしてくださいネ。
週末はやはり出かける予定です、奥利根に(爆)

http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
投稿者:クラ
>匡さん、今晩は^^

休みがあっても売上にひびかないと良いのですが(爆)
そうも上手くいきませんネ。

私は釣上げた時、思わず笑ってしまったのです、キジに食付いているのですが、口が小さくて鼻先に餌がくっ付いている状態でした、その上パンダ模様のパーマークでしょう、何とも滑稽で直ぐに頑張れよと放ちました。
それぞれの渓で斑紋が異なる渓魚を見るのも楽しみの一つですネ。

源流域の水温は涌き水に要因が有るようです、地下茎を通り温度が常に一定に保たれるのでしょう、それが混ざり合い気温が低くともある程度の水温で維持しているのだと私は思います、この時期の岩魚は餌が無い為、体力を温存していて特に活性が悪いのだとも思っています。
実際虫が出る頃の彼らは貪欲に動き回りますよネ。
(注:あくまでも私の見解です、そこの処宜しくでス^^)


http://fine.ap.teacup.com/kura-t/
1|234

03年クラ親爺51歳の時

    クラ親爺です、もしこのブログがお目に 止まったなら、お気軽に感じたままの ご意見をお寄せ下さいませ、 宜しくお願い致します。 「残せ渓魚、残すなゴミを」

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ