キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kazuko
KAZUさん、こんばんは。
はい。 カタクリとギフチョウの風景、、 実際に見たのではなくて、多分、写真だと思いますが、、 あまりにも愛らしくて懐かしくて、その場に自分が居たような錯覚に陥ります。 そういう風景を知っているだけでも幸せかな。 春の女神ですよね、ギフチョウは。 
カタクリは、東側に植えました。 こうしたら午後の陽は当たらないでしょ。 もし咲いたら、一眼レフを買いましょうか、、 その前に旅の費用で消えてしまうかな、、 笑)
投稿者:KAZU
カタクリの花にギフチョウがとまるのは
春の風物詩的風景なので、それが頭の中に
残っていたからでは。

ギフチョウは年1化性なので飼うのは気長に
いかないといけませんが、アンアオイさえあれば
それほど難しくはありません。サナギの期間が
随分長いですし。
カタクリは育てたことないですね。
上手くいくことを祈ってます。

http://yellow.ap.teacup.com/kotonoha/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ