キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kazuko
KAZUさん、こんばんは。
まぁ〜! よく覚えていること!! ビックリです。  アトピーに果糖が良くないと意っていたけれど、結合の仕方によって良いものにもなるのですね、、 自然界は不思議です。  ガラクトースって、昔、粉ミルクの宣伝にあったような気がするな。 消化がいいのかな。
投稿者:KAZU
Kazukoさんの記事を読んでいて、大学時代の有機化学
の講義を思い出しました。
オリゴ糖は多糖類に対して少糖類のことを指すので
すが、一般には二糖類を除きます。
三糖類の例としてはラフィノース、ゲンチアノース
などがありまして、試験の前にはその名前を覚え
たものでした。
ラフィノースは果糖とブドウ糖とガラクトースが
ひとつずつ結合した三糖類です。
パッケージのイラストそのものですね。

http://yellow.ap.teacup.com/animenomori/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ