キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kazuko
いえいえ、、もちろん「歩き」です!  カートに乗るのはカップルが多くて、、
一人でカートに乗るのは、ちょっとね〜  それに車に乗ってばかりいるので、
ここは運動にもいいかな、、と思って、、  運動して、お腹をひっこめて、  日南では
美味しいお店を見つけられなかったので、宮崎で「地鶏を食うぞ〜」ってね、、 笑)

hiroyukiさん、コメントありがとうございます。
投稿者:hiroyuki
ここは最高!宮崎一番のおすすめかも。
カートのりました?ここは坂だらけなのでカートがおすすめです。平日は時間制限ないのでさらにおすすめです。
投稿者:Kazuko
1991年に倒されたモアイのことをTVが放映したらしいです。 それを見た(株)タダノが自社のクレーンを使って修復に貢献したんだって! そんなこともあって、部族の長から複製の許可がおりたのだそうですよ。 世界で唯一とか、、 元々、砂から出来た石で作ってあるそうで、修復には苦労したようです。

KAZUさん、おはようございます。
投稿者:Kazuko
500〜800年前、部族の偶像信仰の為に作られたようです。 10の部族が、お互いに、
これを倒し合って抗争したとか、、 まだ多くの謎があるようですけれど、、
「古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ」  芭蕉
ちょっとドキッとする言葉でした。 未来に向かわないとね、、 ありがとう。


?さん、おはようございます。
投稿者:KAZU
こんなところがあるのですね。
それによくモアイの複製を許可してくれましたね。
今の技術ならちょちょい・・・というわけには
いかなくても、簡単にはできるのでしょうけど、
作られた時代に戻ればとっても大変な作業だったと
思います。

http://diary.jp.aol.com/vcmjpvee7fpk/
投稿者:?
海の青さが目にしみるようです。
モアイって「未来に生きる」ですか。
モアイっていつ頃の時代でしたか。
かなり昔でしたよね。
「古人の跡を求めず、古人の求めたるところを
 求めよ」  芭蕉

ちょうど読んでた本に出ていた言葉。
ちょっと考えさせられました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ