キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kazuko
空は空でしかないのにね、、陽の光や雲の流れで多種多様、、同じ表情がないですよね。 いつまで見ていても飽きません。 空を見ながら、自分の心の中を投影したり、ボ〜っとしたり、、ちょっとの間だけ現実から離れていられるのかもしれないね! あ、空見会の会員No.3ですから、、 笑)

SONOKOさん、こんばんは。
投稿者:SONOKO
山口県も行ったことがないな〜と思いながら夕暮れを拝見。KAZUKOさんもどこへ出かけても空が木になる方、私もそう。海は不思議です、ず〜っと全部つながっているのに空や陸との組み合わせでそこだけの特別なものになりますね。静かな景色は写真を見せて戴けるだけでもゆっくりした気分になります。
投稿者:Kazuko
いつもコメント、ありがとうございます。 いつも電車(京葉線)の中から見ている東京湾。 偶に行く房総の海。 夫の実家のある新潟の海。 2回程見た、小樽の冬の海。 そして、今まであまり縁のなかった瀬戸内海。 同じ海でも、それぞれの色、風景がありますね。 今回の海は、ひねもすのたりのたりかな、、の春の海でした。

hiroyukiさん、こんばんは。
投稿者:hiroyuki
たくさん楽しみましたね。山口は割りと行きづらい場所なので、貴重な体験だと思います。私も知り合いいなければ、なかなか関東方面からは行かない場所ですね。後は萩の町をゆっくりなんて素敵ですけどね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ